『悪女』元ブレーク歌手の“演技”に視聴者驚き「泣きそう…」「すごいなあ」

今田美桜の主演ドラマ「悪女」でのソニンの演技に驚き 孤独な女性社員を熱演

記事まとめ

  • 8日、今田美桜主演『悪女〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』の第9話が放送
  • 元歌手のソニンが女性社員役で出演し、その高い演技力が、視聴者の間で話題に
  • 「ソニン…演技上手すぎ」「ソニンちゃんの発音も演技もさすが」と絶賛が相次いだ

『悪女』元ブレーク歌手の“演技”に視聴者驚き「泣きそう…」「すごいなあ」

ソニン 

ソニン (C)まいじつ 


6月8日、俳優・今田美桜の主演ドラマ『悪女(わる)〜働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?〜』(日本テレビ系)の第9話が放送された。元歌手で現在は女優として活動するソニンが出演し、高い演技力が話題になっている。


【関連】『元彼の遺言状』大不評の演出再び…「マジきらい!」視聴者の苦情スルーか ほか

主人公の田中麻理鈴(今田)は、超ポジティブだけど少々ポンコツな新社会人。大きな夢を抱いて大手IT企業『オウミ』に就職したものの、窓際部署「備品管理課」に配属され、そこでクールな先輩社員・峰岸(江口のりこ)と出会う。


ワークライフバランスや副業、リモート会議…「働き方」が大きな転換期を迎えている今、麻理鈴が持ち前の明るさと、峰岸の小ずるい出世メソッドを武器にして出世の階段を駆け上がっていくというストーリーだ。


第9話では、峰岸が「女性の管理職五割計画」(通称:JK5)の推進室室長に就任し、「JK5」計画が本格的に始動。時を同じくして、T・Oさん(向井理)がシリコンバレーから引き抜いてきた笹沼(ソニン)は、「企画開発部」の課長に就任。笹沼は早速「企画開発部」で敏腕ぶりを発揮するが、小野(鈴木伸之)は周囲の男性社員が不満を抱えているのを見抜き、心配するのだった…。


「クセがあってなんか好き」


「笹沼はエリート社員なのですが、古い体質の『オウミ』では、外部から来た女性上司≠ニいうだけで敵対視され、社内で孤立してしまいます。しかし笹沼は自分が会社を辞めると、自分を誘ってくれたT・Oさんの名誉に傷がつくとして、孤立しても出勤し続けると自分自身に誓っているようです」(芸能記者)




そんな孤独な女性社員を演じたソニンにネット上では


《ソニン…演技上手すぎ…アイドル時代から知ってるからさ、すごいなあって思うよ。苦労人だよね》

《ひぇぇ…ソニン! 知らない女優さんだけど後半の演技好きだなー凄いなーと思ってたらまさかの知った名前》

《ソニンの演技すごいな…泣きそう…》

《悪女に出演してるソニンの演技、クセがあってなんか好き。となりのチカラや探偵が早すぎるとはまた違う雰囲気》

《ソニンちゃんの発音も演技もさすがです…! ぼーっとドラマみてたのにめっちゃ引き込まれちゃった》


と絶賛の声が相次いでいる。


ここ最近地上波ドラマの出演が続いているソニン。これからもオファーが殺到しそうだ。


『万引き家族』地上波放送にお茶の間凍る!「あかん」「親と見るの気まずい」
『逃走中』レベルの炎上? クイズ番組で女芸人がやらかし「番組成り立たない」
『インビジブル』ジャニーズをモブ扱い…無慈悲な脚本に「観るのやめた」

関連記事(外部サイト)