『ぶいすぽっ!』の未来に一抹の不安? 経営統合発表で“VTuber界の黒歴史”が…

『ぶいすぽっ!』の未来に一抹の不安? 経営統合発表で“VTuber界の黒歴史”が…


『ぶいすぽっ!』の未来に一抹の不安? 経営統合発表で“VTuber界の黒歴史”が… (C)PIXTA



先日『株式会社Brave group』が、VTuberグループ『ぶいすぽっ!』などを運営する『株式会社バーチャルエンターテイメント』と、M&Aにより経営統合する旨を発表。今勢いのある「ぶいすぽっ!」にとって吉と出るか凶と出るか、さまざまな意見が飛び交っている。


【関連】VTuber界が『にじさんじ』一強に?“サロメショック”でスパチャランキングに異変ほか

業界注目株の「ぶいすぽっ!」


「ぶいすぽっ!」とはeスポーツに特化した女性VTuberグループで、胡桃のあや一ノ瀬うるはなどが在籍。有名ストリーマーとのコラボや、オンラインゲーム大会での活躍などで、知名度を上げてきた。


現在国内のVTuberグループの勢力図を俯瞰すると、やはり『ホロライブ』と『にじさんじ』の2強。しかし「ぶいすぽっ!」はこれまでVTuberを見てこなかった、コアなゲーマーの支持を集めているようで、ファン層が競合していない印象だ。このまま成長を続ければ、“第3の勢力”になり得るかもしれない。


そんな「ぶいすぽっ!」の運営会社が経営統合するとなれば、VTuber界隈にとっては大きな事件。しかし「株式会社Brave group」という会社に、不安を感じるVTuberファンが多いようで、《ぶいすぽも終わりやね》《ぶいすぽの経営統合正直怖いよ 当時ゲーム部推してた身としては》《リアルタイムであのゲーム部の惨劇を見た私からしたら全く信用出来ないんだわ》《天下取れそうなコンテンツをハラスメントで粉々にぶっ壊した会社に未来はあるのだろうか》といった声が相次いでしまった。


というのも「株式会社Brave group」は、あの『ゲーム部プロジェクト』などを運営していた『株式会社Unlimited』が、社名変更する形で設立された会社。そして「株式会社Unlimited」は、多くのVTuberファンにとっての“トラウマ”である。


払拭されない「ゲーム部」のトラウマ


かつて「ゲーム部プロジェクト」は、「にじさんじ」を抜いて業界最大手に迫るほどの勢いがあった。しかし人気絶頂のさなか、所属VTuberの“中の人”が、ツイッターなどで運営の内情を告発。奴隷のような過酷なスケジュールや、演者に対する暴言など、ブラック過ぎる環境で酷使されていたことが明るみになったのだ。


そして極めつけは、“中の人”のサイレント変更。一時は「株式会社Unlimited」から謝罪文が公開されたのだが、その後なんのアナウンスもなくVTuberのキャストを変更したため、より一層批判を浴びていた。


以上の炎上騒動は、VTuberと演者、そして運営の関係を見つめ直すきっかけとなった、まさにVTuber界隈の黒歴史。そんな騒動を引き起こした旧「株式会社Unlimited」には、未だに悪いイメージを持っている人も少なくない。


とはいえ、当時の代表取締役は社名変更の際に退任している模様。子会社の『株式会社クリエイトリング』が運営する『あおぎり高校』なども、順調そのものだ。


また、「ぶいすぽっ!」運営は今回の経営統合について、「独立的にぶいすぽは運営できます」と説明。3Dやイベントのサポートも充実することを語っており、方向性を変えることなく発展していくつもりのようだ。



もしネガティブな出来事が起きなければ、「ぶいすぽっ!」がより巨大な存在になる可能性は十分。「ホロライブ」や「にじさんじ」と肩を並べるグループとなるのか、見守っていきたい。


文=大上賢一


【画像】


Khosro / PIXTA


VTuber界が『にじさんじ』一強に?“サロメショック”でスパチャランキングに異変
『SPY×FAMILY』はオタクに媚びすぎ? ヨルの“生娘”設定に「無理がある」
『Apex』がVTuberファンに嫌われすぎ…壱百満天原サロメのスタンスに安堵の声