ヒロミが韓国映画界を絶賛! 日本映画と異なる重要ポイントとは?

ヒロミ 

ヒロミ (C)まいじつ


6月14日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、コメンテーターとしてタレントのヒロミが出演。日本映画についての持論を展開し、ネット上で共感を集めている。


この日の番組は、韓国映画『ベイビー・ブローカー』で、カンヌ国際映画祭2冠に輝いた是枝裕和監督の凱旋会見について報道。会見の映像を交えながら、躍進を続ける韓国映画業界について掘り下げていった。


【関連】『万引き家族』地上波放送にお茶の間凍る!「あかん」「親と見るの気まずい」 ほか

司会の加藤浩次から話を振られると、ヒロミは韓国ドラマや映画を「本当にスゴいなと思う」とべた褒め。そして「日本とどっちだって言ったら、本当に韓国勝ってると思うのね。スゴいから。お金のかけ方とかね」とコメントし、韓国のスタイルを日本でも取り入れるべきだと続けていく。


さらに日本の映画は日本人向けにしか作られていないと苦言を呈し、韓国の映画はグローバルだと指摘。そして日本人は映画がテレビで放送されると思っているから、映画館に足を運ばないとも推察していた。


韓国のゴリ押し? ヒロミに異を唱える人も…


ヒロミの映画評に共感した人も多いようで、ネット上には、


《ヒロミさんの言う通りだ。テレビで放送しちゃうから日本人って映画館に行くの世界的に少ないんだな》

《深く語ってるけどすごく興味深い。ヒロミさんが言うことほんと同意》

《ヒロミさんの言う通りですね。テレビでいっか。ってなる。行くけどね、わたしは》

《日本の映画はすぐテレビでやるから観に行かない。映画館で観るのって気持ちと体力いるし》


などの共感の声が寄せられている。その一方で、ヒロミの映画評に異を唱える人も。


《そんなに韓国の映画界が優れているのなら、日本の映画人はもう全員向こうに行っちゃえば? 片道切符で》

《スッキリで日本の映画を貶して韓国の映画業界を絶賛してるけど、めちゃくちゃ違和感ある。日本の映画業界の経済規模の方が韓国より何倍もあるし、韓国の方が日本より無条件で素晴らしいとはならんやろ》

《韓国は盗撮や違法動画が日本より何倍も横行してて倫理観も超低いし、国内向けだけじゃ商売にならないだけ》


といった反対意見も見受けられた。


「ベイビー・ブローカー」をはじめ、世界で支持されている韓国映画。かつて世界的な影響力を持った日本映画が、ここまで衰退してしまうとは当時は誰も思っていなかったことだろう。


あいみょん新曲の売り上げ激減?“世代交代”の波にのまれる令和の歌姫
かまいたち山内の声優起用にディズニーファンから苦情…「見る気失せた」
『有吉の壁』有吉弘行の“禁止令”を中堅芸人が無視「あかん」「信じてた」

関連記事(外部サイト)