綾瀬はるか水着披露も…映画『はい、泳げません』アニメ作品にボロ負け

綾瀬はるかが水着を披露した『はい、泳げません』は国内映画ランキングトップ10を逃す

記事まとめ

  • 長谷川博己と綾瀬はるかが映画初共演を果たした『はい、泳げません』の公開が始まった
  • しかし、国内映画ランキングで初登場トップ10入りを逃す結果となった
  • 「画質の悪さも気になった」「ちょっと理屈っぽ過ぎて」などの声があがっている

綾瀬はるか水着披露も…映画『はい、泳げません』アニメ作品にボロ負け

<a href='/topics/keyword/綾瀬はるか/160530000180/'>綾瀬はるか</a> 

綾瀬はるか (C)まいじつ 


俳優・長谷川博己と綾瀬はるかが映画初共演を果たした『はい、泳げません』の公開が、6月10日から全国で始まった。しかし、綾瀬らの熱心な宣伝も虚しく、ほとんど話題になっていないようだ。


同作はノンフィクション作家・高橋秀実氏の著書を、映画『舟を編む』の脚本などで有名な渡辺謙作氏が映像化した作品。


【関連】映画『ドラゴンボール』最新作は最高傑作!? ブロリー超えの評価「歴代一位」 ほか

水泳教室を舞台に、「泳げない男」小鳥遊雄司(長谷川)と「泳ぐことしかできない女」薄原静香(綾瀬)の希望と再生を描いた物語となっている。


長谷川と綾瀬はNHK大河ドラマ『八重の桜』で夫婦役を演じたことがあり、2人の映画共演ということで同作には大きな注目が集まっていた。


だが、公開直後の6月11日から12日の動員数や興収を集計した『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)で同作は、初登場トップ10入りを逃す結果に。同じ日に公開された『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』や劇場版『からかい上手の高木さん』など、アニメ作品にもボロ負けする悲惨な結果となっていた。


“満足する映画”しか観られない結果?


劇場へ足を運んだ人からは、


《過剰な演技が余計に感じてしまい、さらに画質の悪さも気になった。しかもノイズも多くて悔やまれる作品だな…》

《正直言うと渡辺監督の描く女性像が少し苦手》

《予告編を見てコメディかと思っていたら、原作有りのシリアスだったことに驚き。あとちょっと理屈っぽ過ぎて》

《つまらなくはないが映画を通じて伝えようとしているメッセージを受け取りにくい》

《とても面白い映画でした。私はお薦めかどうかを聞かれたら、お薦めです。長谷川博己さんの演技も、綾瀬はるかさんの演技も、他の出演者の演技もよかったです》

《人生に迷った時に映画「はい、泳げません」はオススメです。壁にぶつかったときにどう乗り越えるのか。生きる意味はなんなのか。を考えさせられる作品でした》


など賛否の声が上がっている。


ちなみに、「国内映画ランキング」に名を連ねるのは「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」「からかい上手の高木さん」以外に、『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』、『五等分の花嫁』、『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』、『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』といったアニメ作品ばかり。


やはり、作品の固定ファンや信者を味方につけなければ、映画はヒットしづらくなったということだろう。アニメやオタク向け作品が大ヒットを記録する理由は、1本の作品≠ニして映画に向き合う感性が失われた結果なのかもしれない。


あいみょん新曲の売り上げ激減?“世代交代”の波にのまれる令和の歌姫
かまいたち山内の声優起用にディズニーファンから苦情…「見る気失せた」
『有吉の壁』有吉弘行の“禁止令”を中堅芸人が無視「あかん」「信じてた」

関連記事(外部サイト)