『サンリオ大賞』で下剋上! マイメロファンを煽るクロミファン「歴史は動いた」

『サンリオ大賞』で下剋上! マイメロファンを煽るクロミファン「歴史は動いた」


『サンリオ大賞』で下剋上! マイメロファンを煽るクロミファン「歴史は動いた」 (C)PIXTA



サンリオキャラクターの人気投票『2022年サンリオキャラクター大賞』の最終結果が、6月12日に発表された。看板キャラクターの1人である「マイメロディ」が脇役キャラに惨敗。まさかの番狂わせに、ファンの間で動揺が広がっているようだ。


【関連】『FGO』に“イケオバ”がいない謎…萌えキャラとイケメンだけの世界に違和感?ほか

第3位に突如ランクインしたクロミ


今回の総得票数は、過去最多となる2,646万7,259票。デビュー20周年を迎えたシナモンロールが圧倒的な強さを見せつけ、第1位に輝いた。続く第2位には、看板キャラクター・ポムポムプリンがランクイン。ここまでは例年通りの結果だった。


しかし第3位には、思わぬダークホースがランクイン。テレビアニメ『おねがいマイメロディ』シリーズなどに登場するクロミが、急激に順位を伸ばしたのだ。


クロミは“自称”マイメロディのライバルで、悪気がないマイメロディに痛い目に合わされてしまうという役どころ。あくまで脇役であり、これまでの人気投票ではマイメロディの後塵を拝することが多かった。2021年にも、マイメロディが4位、クロミが5位と惜敗している。


ところが今回はクロミが躍進する一方で、マイメロディは第5位に転落。ベスト3の常連だったはずが、思わぬ結果となってしまった。ちなみにクロミがマイメロディに勝ったのは、今回が史上初だという。



マイメロを煽るクロミファンたち


クロミがトップ3に入ったのも今回が初めてなのだが、ファンたちはそれよりもマイメロディに勝利したことが嬉しくてならないようだ。SNS上では、《クロミちゃんがマイメロに勝ったwww 歴史は動いたな》《マイメロに勝ったし良かった》《こんな日が来るなんて…マイメロに勝った うれしい》《マイメロに勝った 今夜は宴です》といった勝利宣言が飛び交っている。


その一方でマイメロディのファンたちは、やはりショックが隠し切れないらしい。《クロミより下の順位なのがショック…もうマイメロの時代は終わったんだろうな》《クロミに負けたのが一番悔しい》《は? マイメロ負けたの? クロミに…ありえん》といった恨み節が漏れ出していた。これまで決してマイメロディを超えられなかったクロミとしては、マイメロディファンからの嫉みこそが最大の賛辞だろう。


なお、クロミファンが増えたきっかけとして考えられるのが、“地雷系”の流行。黒とフリルを基調にした、“毒”のあるファッションだが、そこでクロミをモチーフにしたアイテムが使われることも。若い女性の中でクロミの認知度が上がったのは、そうした背景があるのかもしれない。


ジワジワとマイメロディを追い詰めてきたクロミ。「おねがいマイメロディ」シリーズでマイメロディから受けてきた嫌がらせの雪辱を、ようやく果たせたようだ。


文=城門まもる


【画像】


FabrikaSimf / PIXTA


鹿紫雲のガッカリ設定が続々と…『呪術廻戦』187話で“最強格キャラ”から転落
アニメ『SPY×FAMILY』のパロディ連打がサムすぎ…“内輪向け”アニオリ展開に賛否
『にじさんじ』VTuberが“合コン”参加!?『ホロライブ』NGのゲームで大荒れ…