広瀬アリスの“検索関連ワード”がヤバすぎ?『恋マジ』で嫌われキャラに…

『恋マジ』主人公の態度に批判殺到 検索関連ワードはネガティブワードだらけに

記事まとめ

  • 広瀬アリス主演『恋なんて、本気でやってどうするの?』第9話が13日に放送された
  • 広瀬演じる桜沢純の態度の大きさに、視聴者から批判が殺到している
  • 「純」と検索すると、検索関連ワードには「上から目線」「品格」といった単語が

広瀬アリスの“検索関連ワード”がヤバすぎ?『恋マジ』で嫌われキャラに…

松村北斗 <a href='/topics/keyword/広瀬アリス/160530000273/'>広瀬アリス</a> 

松村北斗 広瀬アリス 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


6月13日、広瀬アリス主演のドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)第9話が放送された。あまりにも主人公が嫌われ過ぎて、検索関連ワードがヤバいことになっているという。


主人公の桜沢純(広瀬)は、食器ブランドの洋食器デザイナー。


【関連】『あな番』のトラウマ再び? セクゾ・佐藤勝利の夏ドラマに「オチが心配」 ほか

展示会の仕事を任されるなど上司からの信頼も厚いが、アラサーでありながら恋愛経験ゼロだった。


そんな彼女が、女性客をトリコにするギャルソン・長峰柊磨(松村北斗)に出会うストーリーだ。


これまでの話で、とにかくナチュラルに態度がデカい純に対して、視聴者から批判が殺到している。そしてなんと現在、「Yahoo! リアルタイム」で「純」と検索すると、その関連ワードとして「上から」「嫌い」「偉そう」「イライラ」「上から目線」「何様」「デリカシー」「人として」「品格」といった超辛辣なネガティブワードがズラリと並んでしまっているのだ…。


彼氏の母親に「その調子で頑張ってください」


「第9話の純は、輪をかけて性格がヤバくなっていましたね。柊磨の母親・真弓(斉藤由貴)が店の裏で玉ねぎの皮を剥いていると、いきなりやってきて早々に『偉いです』『立派な親心です。その調子で頑張ってください』と、年上に接しているとは思えない超上から目線でコメント。さらに、柊磨の働いている店にも突然やって来たかと思えば、『ちょっと様子を見に来ただけだから。長居はしないから』と、まるで経営者気取りで店の様子を観察。ちょっと店を手伝っただけで、あたかも自分の店かのような態度を取っているのです」(芸能記者)


ドラマ上では仕事ができる常識人のように描かれている純だが、視聴者は


《純の上から目線なんなんだ…彼氏の母親に対して「偉いです! その調子で頑張って下さい!」は失礼すぎやろ》

《偉いです。いい親心です。その調子です。っていう純何様すぎてww》

《偉いですってあんたどのツラ下げて言ってんの?お前が一番偉そうやん純www》

《純よ、どうしたら彼氏のお母さんに向かって「偉いですね。その調子で頑張って下さい」なんてそんな上から目線発言出来るんだ》


といったツッコミが殺到。この結果、前述の検索関連ワードが生まれたようだ。


次回で最終回だが、視聴者の多くは主人公の破滅を期待しているだろう。


『有吉の壁』大荒れ!? 久々出演の芸人に批判「クソムーヴ」今週のテレビ事件簿ランキング
『めちゃイケ』パクリ騒動に疑問! 岡村隆史と加藤浩次がキレる違和感
『有吉の壁』四千頭身が“面白くて”驚きの声「こんなに面白かったっけ?」

関連記事(外部サイト)