アニメ『ポケモン』お粗末展開で炎上! 歴代最強ライバルのリザードンが噛ませ犬に…

アニメ『ポケモン』お粗末展開で炎上! 歴代最強ライバルのリザードンが噛ませ犬に…


アニメ『ポケモン』お粗末展開で炎上! 歴代最強ライバルのリザードンが噛ませ犬に… (C)PIXTA



6月17日に放送されたアニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系)の第115話にて、ポケモンバトル最強を決める大会「マスターズトーナメント」が開幕。過去作に登場したライバル・アランが“モブ”のような扱いを受けてしまい、炎上騒動になっている。


【関連】アニメ『ポケモン』サトシゲッコウガ再登場はナシ? 最強トーナメントの組み合わせに落胆ほか

※アニメ『ポケモン』最新話の内容に触れています


「マスターズトーナメント」の1回戦は使用ポケモン3体、ダイマックスやメガシンカ、Zワザはいずれかを1度までというレギュレーション。そこでアランが戦ったのは、ガラル地方のチャンピオン・ダンデだ。


まず、ダンデはゴリランダーを繰り出し、さっそく「キョダイマックス」を発動。アランはブリガロンで応戦するのだが、ゴリランダーが勝利する。するとアランは切り札のリザードンを召喚し、ゴリランダーを瞬殺。負けじとダンデも相棒のリザードンを繰り出し、交代で出てきたカラマネロをお返しと言わんばかりに一撃で沈めてみせた。


そして、お互いにリザードンが並ぶ局面へ。アランはメガシンカを発動してメガリザードンXをお披露目するのだが、ダンデのリザードンによる「りゅうのはどう」であっけなくノックアウトされることに──。



作中屈指のリザードン使いによる一戦だったが、展開としてはダンデの圧勝。納得できない視聴者が多かったようで、《いくらなんでも噛ませ犬すぎるだろ》《さすがにないわ メガリザードンになってからが本当に最悪だった》《約6年間待ってたのに、アランの扱い酷すぎですよ!!!》《これまでのサトシ達の闘いが全否定された感じでとても不愉快。公式さん、何を見せたいのですか?》《アランこんな弱いわけないだろ マジでふざけてる》《はいはいさすダンさすダン》と怒りの声が殺到している。


歴代最強のライバルが噛ませ犬扱い


アランはトレーナーとしてはかなりの実力者であり、『XY&Z』ではサトシを下して「カロスリーグ」を見事優勝した実績の持ち主。絶対王者のダンテには及ばないにしろ、どれだけ食い下がってくれるのか、期待していたファンも多かった。


しかし実際の試合展開は、ボロ負けと言っても過言ではない内容。バトルの尺が10分程度とコンパクトだった上、メガリザードンXの状態で普通のリザードンに“ワンパン”されてしまう始末だ。ファンたちが激怒しているのも、当然かもしれない。


ちなみに、放送後に『アニポケ』の公式ツイッターでは、アランにスポットを当てたアフターストーリーを投稿。しかし火に油を注いでしまったらしく、《火消し乙。本編でやれ》《何ええ感じにしとるねん。俺は許さんぞあんなシナリオ》などとお気持ちを表明されている。



残念な結果に終わってしまったアランだが、今後、名誉挽回する機会は訪れるのだろうか…。


文=「まいじつエンタ」編集部


【画像】


LustreArt / PIXTA


『ONE PIECE』ヤマトの“男湯”入浴描写が物議! ついに反ポリコレ漫画から脱却?
尾田栄一郎が描いたAdoは解釈違い!? 大人の事情に巻き込まれる陰キャ歌姫
壱百満天原サロメと某ライバーは同一人物!?“くしゃみ”から広まったウワサ…