IEサポート終了で老人から悲鳴!?「ネットのない生活に戻れというのか」

マイクロソフト、Webブラウザ『Internet Explorer』の公式サポート終了で老人が悲鳴?

記事まとめ

  • 日本時間6月16日をもって、『Internet Explorer』の公式サポートが終了し、話題に
  • 「60代会社員。今更インターネットのない生活に戻れというのか」など、ネットは反応
  • 「パソコンを買い変えないと使えないってことですか?」など、知識のない人が悲鳴も

IEサポート終了で老人から悲鳴!?「ネットのない生活に戻れというのか」

(C)monticello / Shutterstock


日本時間6月16日をもって、インターネット黎明期を支えたWebブラウザ『Internet Explorer(以下:IE)』の公式サポートが終了した。「IE」を惜しむ声とともに、ブラウザをよくわかっていない人から戸惑いの声が相次いでいる。


「IE」はマイクロソフトが開発したWebブラウザ。『Windows 95』からWindowsOSのPCに標準搭載されていたが、『Windows 10』からは『Microsoft Edge(以下:ME)』に変更されていた。


【関連】ダウンタウンもイメージダウン!? くら寿司に新たなパワハラ騒動が発覚 ほか

それに伴い、「IE」の開発は終了。前々からマイクロソフトが「『IE』を使用しないように」と呼びかけていたが、ついにサポート終了にいたった。


サポート終了後に「IE」を起動しようとすると、「ME」が起動するようになるとのこと。「ME」には「IE」との完全な互換性を持つ「IE」モードも搭載されているため、「IE」の愛用者でも違和感なく移行できるようだ。


この件が『Yahoo!ニュース』に取り上げられると、記事のコメント欄に書き込みが殺到。「IE」を惜しむ声からサービス終了を喜ぶ声まで多くの反響が寄せられていた。


まさかブラウザとOSを混同してる…?


しかし、その中でも一際目立っていたのが、


《無知なので教えてください。家のパソコンがInternetExplorer11なのですが、パソコンを買い変えないと使えないってことですか?》

《60代会社員。今更インターネットのない生活に戻れというのか》

《「進歩しているのだから」と好意的に解釈も成り立つが。こんな「脅迫的な儲けかたがあるのか」ということ。文化が違う日本と米国。大量に以前のバージョンは強制的にスクラップに。SDGsに謳う形容詞「永続的な」の全否定、真逆行。ある日本車の部品は50年前のものでも調達は可能》

《困ったもんだ! 一般家庭では簡単に買い替えられないよ! 専門的にパソコンを使う訳では無いのでエキスプローラーでも、エッジでもどっちでもいいし、常に最新版を求めてる訳でもない! ネットやExcel、子どもの写真や動画、年賀状等々が出来ればいいだけで》

《パソコンやスマホに精通しなければ、政府が実施するデジタル化に対処できないのに、周知徹底しない。ネット利用を1日3時間以上している若い人が半数以上いる中で、そんな人を標準とし、年寄りはついていけず、今のままではデジタル化は一部の国民だけ享受できる社会になる》


といった「IE」とOSを混同している人の書き込み。若者からすると信じられないようで、このような書き込みには辛辣な意見が寄せられていた。


「最近、若者の間では年配者=ネットリテラシーがないという風潮があります。6月12日放送の『そこまで言って委員会NP』(日本テレビ系)では、番組に出演したユーチューバーでグラビアアイドルのRaMuが『ネットで誹謗中傷している人って、名前挙げられちゃう人は、基本年配の人が多いんですよ』とコメント。さらに年配者はインターネットの使い方をよくわかっていないと指摘していました。『若者の偏見だ』と憤慨している人がかなりいましたが、『IE』廃止への反響を見る限り、あながち間違いでもないのかもしれません」(芸能ライター)


年配者=ネットリテラシーがないと一括りにするのは危険だが、価値観をアップデートできていない人たちの割合が、年配者に多いということなのだろう。選択肢がたくさんある現代において、ひとつの価値観にしか触れていないというのは恐ろしいものだ…。


『乃木坂46』齋藤飛鳥ついに卒業? 全国ツアーの“フラグ”にファン戦々恐々
YOASOBI賞味期限切れ?『夜を駆ける』から2年…「最近はパッとしない」
『いきものがかり』吉岡聖恵が大ピンチ!? ソロシングル2000枚で大爆死…

関連記事(外部サイト)