夫婦タッグはリスキー? 水川あさみの初監督映画に不安の声

水川あさみ 

水川あさみ (C)まいじつ 


俳優の水川あさみが6月20日、都内で行われた『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2022』アワードセレモニーに登壇。初監督を務める映画の主演を、夫で俳優の窪田正孝が務めることを明らかにし、映画ファンをザワつかせている。


【関連】木村カエラ&瑛太夫妻の“私服”が奇抜すぎ?「ドラえもんみたい」「目立つ」 ほか

水川はプロデューサーを務める俳優の山田孝之と共に出席。短編映画制作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS』の第4段で初監督を務めることについて「すごく貴重な経験でした。1番、身近で知っている監督という職業だったはずなのに、こんなにも知らないんだという発見がたくさんありました」と感慨深げにコメントした。


続けて、「役者が参加する以前に、たくさん関わって作る段階がこんなにもあるんだと新たに知ることが出来た。面白くやらせてもらいました」と語っている。


主演の窪田については「自分の夫だったら、1番気を遣わずに演出できるかなぁと思って。彼にお願いしたところ、快く受けてくれましたね」と、照れ笑いを浮かべた。


水川あさみ&窪田正孝タッグに不安の声


水川と窪田のタッグに、ネット上では


《試みとしては面白い。あとは窪田の私情に流されない演技力じゃないかな》

《半分お遊びみたいなもんでしょうな。水嶋ヒロみたいにならなきゃいいけど》

《チャレンジする権利は誰にでもあるから、やってみればいいと思います。ただ、新鮮味があるかと言われれば別だな》

《水川あさみが監督なんて珍しい。「気をつかわない」というのが悪い方向に行かなければいいね》

《プライベートはプライベート、仕事は仕事ですよ。ちゃんと切りわけないと、失敗しそう。色んな意味で…》


などの意見が寄せられている。


「水川と窪田は最近の俳優夫婦には珍しく、プライベートのイチャイチャをオープンにしています。それだけに監督・水川、主演・窪田となれば、恐ろしくプライベート感満載の映画になる可能性は否定できません。過去の例でいうと、俳優・水嶋ヒロが主演を務めた映画『黒執事』では、妻で歌手の絢香が主題歌を書き下ろしました。しかし、ジャパンプレミアに水嶋が出席した際には、絢香に関する質問はNGが出るという謎のルールがあったことで、一部からブーイングが起きたようです」(映画ライター)


夫婦が監督・主演を務めた作品といえば、故・伊丹十三監督&宮本信子夫妻の『マルサの女』がある。こちらは第11回日本アカデミー賞(1988年)で、最優秀作品賞、最優秀主演女優賞を受賞し、大ヒットしている。


水川の監督作品がどんな評価を得るか、公開を楽しみに待ちたい。


『乃木坂46』齋藤飛鳥ついに卒業? 全国ツアーの“フラグ”にファン戦々恐々
YOASOBI賞味期限切れ?『夜を駆ける』から2年…「最近はパッとしない」
『いきものがかり』吉岡聖恵が大ピンチ!? ソロシングル2000枚で大爆死…

関連記事(外部サイト)