アンガ田中が“文春砲”で大ピンチに…?「いろいろトラブってるんです」

田中卓志 

田中卓志 (C)まいじつ


6月22日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に、お笑いコンビ『アンガールズ』田中卓志が登場。パクリ疑惑≠ナ騒動となった自身初のゴールデンMC番組『呼び出し先生タナカ』(フジテレビ系)の話題に触れ、ネット上で大きな反響を呼んでいる。


【関連】『とんねるず』とケンコバの意外な関係? 初対面エピソードに驚き ほか

同日の番組では田中のデビューから現在を振り返った後、番組MCの『オードリー』若林正恭から「今のMCの番組も視聴者に好評ですもんね?」と質問が。すると田中は「いろいろトラブってるんですけど…」と切り出し、「俺、MCやったら文春に直撃されるんだって思ったよ」と嘆く。


田中は『週刊文春』からの直撃取材は初めてだったようで、「(記者が)車の影から来るんだね!」と説明。文春記者に、番組の件で『ナインティナイン』岡村隆史に相談の電話したことなど、細かな経緯を把握されていたことを明かす。


しかし直撃取材が来た瞬間、田中はレギュラーを務めていた番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)の経験≠ェ生きたようだ。同番組は「全部正直に言う」というスタンスだったため、記者に包み隠さず話して事なきを得たそうだ。しかし初のゴールデンMCが最悪のスタートを切り、「初でこれなんてある!?」と嘆くのだった。


騒動から直撃取材まで…波乱万丈の田中に同情


「『呼び出し先生タナカ』は、初回放送からネット上で批判を浴びたことで有名。『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の人気コーナー抜き打ちテスト≠ノ似ていたため、パクリだと騒がれたのです。この騒動を知った岡村が、自身のラジオで『田中くんは何も悪くない』と発言したために、事態は若干落ち着くことになりました」(芸能ライター)


初のゴールデンMC番組が炎上し、騒動の渦中にいた田中。視聴者は彼の嘆きに同情し、ネット上では、


《スタッフが模造した番組に田中が招聘されたわけだから、どっちかっていうと被害者》

《初MCで文春に追いかけられるwww もはや笑いにするしかない!》

《田中さんのMCの話が面白かった! 大変だろうけど頑張ってほしい》

《こればっかりは、田中さん本人のせいじゃないとこのほうが大きそうだから。気を落とさないで》

《別にタナさんは悪くないよ》


といった擁護の声が続出している。


今回の騒動で、田中は芸人としてより一層強くなったことだろう。


木村拓哉と松たか子が急接近?『ロンバケ』の裏話に「大好きでした」
『オールドルーキー』人気女性芸人がひっそり出演「えっ今出てなかった?」
「夏は股間がかゆくなる」佐藤栞里のカミングアウトに視聴者騒然!

関連記事(外部サイト)