『ONE PIECE』ウラヌスの正体は? 世界の均衡を崩壊させる「3つの古代兵器」の謎

『ONE PIECE』ウラヌスの正体は? 世界の均衡を崩壊させる「3つの古代兵器」の謎


『ONE PIECE』102巻(尾田栄一郎/集英社)



漫画『ONE PIECE』には、未だ全貌が明らかになっていない“謎”がいくつも残されている。序盤からたびたび存在を言及されてきた「古代兵器」も、その代表的なものの1つ。今回は、古代兵器に秘められた恐ろしい秘密を解き明かしていきたい。


【関連】『ONE PIECE』ルフィの懸賞金が低すぎ…? カイドウの46億ベリーを超えない理由ほか

超常的な力をもたらす禁断の兵器


「ONE PIECE」における古代兵器とは、「プルトン」「ポセイドン」「ウラヌス」という“神”の名を持つ3つの兵器。あまりに強力すぎるため、世界政府は古代兵器について研究することを禁じているほど。その詳細や在処は、「歴史の本文(ポーネグリフ)」にのみ刻まれている。


作中で初めて存在を明かされた古代兵器は、「アラバスタ編」における「プルトン」。一発で島を1つ消し飛ばすほどの威力を持つ兵器で、クロコダイルは「プルトン」を手に入れるためにアラバスタ王国を支配しようとしていた。


その後、「ウォーターセブン編」で「プルトン」の詳細が判明。かつてウォーターセブンで造られた、世界最悪の戦艦だという。世界を滅ぼせる存在とも言われ、その設計図が船大工の間で受け継がれてきたが、最後はフランキーによって焼失している。なお、最新話である1053話で「プルトン」はワノ国にあることがほのめかされた。


島が1つ消滅するといえば、作中で38年前に起きたゴッドバレー事件だろう。世界最強と言われた「ロックス海賊団」が、モンキー・D・ガープと「ロジャー海賊団」の連合軍によって壊滅。その舞台となったゴッドバレーは、事件の後に跡形もなく消滅したという。もしかすると、「プルトン」の一撃によって歴史から葬られたのかもしれない。


また、2つめの古代兵器である「ポセイドン」は、世界を海に沈める力を持つと言われる。「空島編」では、「ポセイドン」が魚人島に存在することが発覚。さらに「魚人島編」では、「ポセイドン」がリュウグウ王国の王女であるしらほしだと明かされた。


「ポセイドン」の正体とは、数百年に一度「リュウグウ王国」の王族に生まれる特別な存在。海の支配者である「海王類」と言葉を交わして、自由に従わせる力を持つという。


かくして2つの古代兵器については情報が出そろいつつあるが、“最後の1つ”はいまだに多くの謎を秘めている…。


全てが不明な「ウラヌス」の正体


3つ目の古代兵器、「ウラヌス」については作中でほとんど触れられていない。とはいえ、その名前などから、断片的に考察していくことはできる。


まず「古代兵器」が、それぞれ実際の神話に登場する神の名前を冠していることを思い出そう。「プルトン」はローマ神話において冥界を司る神・プルートー、「ポセイドン」はギリシア神話の海神・ポセイドン。そして「ウラヌス」は、ギリシア神話に登場する天空神・ウーラノスが元になっているのだろう。


ウーラノスは天候を操る天空神であると同時に、宇宙を統べた神々の王とも呼ばれている。そのことから、「ウラヌス」は“天気”や“宇宙”と関係するものである可能性が高い。


「ONE PIECE」世界の宇宙について、これまで描かれたものといえば、扉絵連載「エネルのスペース大作戦」。同連載では、ルフィに敗れたエネルが、「フェアリーヴァース」を求めて月へ旅立つ。そして月の地下都市で、古代の壁画が発見されたのだが、ファンの間では「古代兵器」と関係するものとして考察が進んでいる。


壁画には、月以外に巨大な船のような乗り物と、「海王類」らしき海の生物の姿があった。さらに、太陽のような球体も描かれており、それぞれ「古代兵器」を描いたものではないかという説も。もし太陽のようなものが「ウラヌス」なのであれば、つねに昼間が続く島「エニエス・ロビー」と関連している可能性もある。


近く最終章が始まろうとしている「ONE PIECE」。そこでは、「ウラヌス」の謎も遠くないうちに明かされるだろう…。


文=「まいじつエンタ」編集部

写真=まいじつエンタ


『ワンパンマン』S級1位・ブラストをモブ扱い…211話の改変に失望「なにこの展開」
元プロゲーマーが『Rust』で炎上! ストリーマー界隈の笑えないノリが露呈…
『ホロライブ』ラプラスが“同棲疑惑”に大激怒…今後は炎上系VTuberに路線変更!?

関連記事(外部サイト)