靖国参拝ゲーマーが『第五人格』大会を出禁に…よみがえる茅野愛衣の悲劇

靖国参拝ゲーマーが『第五人格』大会を出禁に…よみがえる茅野愛衣の悲劇


靖国参拝ゲーマーが『第五人格』大会を出禁に…よみがえる茅野愛衣の悲劇 (C)PIXTA



日本のアニメ・ゲーム界隈に、さまざまな影響を及ぼしている中国絡みのトラブル。今度は人気オンライン対戦ゲーム『IdentityV 第五人格』の競技シーンにおいて、“チャイナリスク”を感じさせる騒動が発生してしまったようだ。


【関連】『原神』miHoYo新作は“和ゲー”のパクリ?「日本はどんどんおいて行かれるな」ほか

トッププレイヤーが出禁に


6月25日、「第五人格」のトッププレイヤーである「逃さずの石橋」が、突如公式大会「Identity V Tournament」への出場停止処分を受けたことが発覚。それに加えて、同作の公式YouTubeチャンネルでは、彼が出演した動画がアーカイブから軒並み削除されていることも騒ぎを呼んだ。


そこで「逃さずの石橋」はツイッターのサブアカウントにて、関係者と思われる人物からのメッセージを紹介。画像には、《何度もSNSにて第五人格と第五人格のパートナーを誹謗中傷し、第五人格に悪影響を及ぼしたこと》といった処分の理由が綴られていた。



一見もっともらしい内容ではあるが、多くのファンは別の事情を疑っている模様。というのも「第五人格」の運営元は中国企業「NetEase Games」なのだが、「逃さずの石橋」は6月24日に靖国神社への参拝をツイートしていた。


これが火種になったと考える人は多く、《今まで暴言で出禁になってなかったわけだし、やっぱり靖国参拝が理由なのかな》《靖国の件で一発アウトだったと思う》《ばしの出てる動画bilibiliでも消されてるなら靖国っぽい》といった推測が広がっているようだ。


靖国参拝で“出禁”となる人々


また、騒動はここで収まらず、非公式大会の「IdentityV Amateur League」も中止に。主催者は《中止に至る経緯などは、現状お話することが難しい状況にあり、詳細をお伝えできないことをお許しください》と説明しているが、ファンからは《公式運営が絡んでないIALにもネットイース側から何らかの圧力があったんじゃないかって疑ってしまう》と指摘されていた。


さらに本人の投稿した動画によると、「第五人格」のゲーム内で「石橋」という名前を使っているユーザーが、強制的に名前を変更させられているという。



まさしく怒涛の展開だが、「逃さずの石橋」と同じような騒動といえば、声優・茅野愛衣をめぐる一件が記憶に新しい。茅野は昨年2月、Webラジオ『茅野愛衣のむすんでひらいて』の第152回で、新作CDのヒット祈願を目的として靖国神社を参拝したことを明かした。


すると中国のネットユーザーから批判の声が上がり、「Hypergryph」の人気アプリ『アークナイツ』の中国版で、担当していたキャラクターのボイスが削除される事態に。さらには日本版でも、“開発の要望”によってキャストが変更されている。


まるでディストピア小説のような光景が次々と現実化しているが、はたして次はどんな珍事件が起きるのだろうか。


文=「まいじつエンタ」編集部


【画像】


master1305 / PIXTA


『ホロライブ』3期生の絆は永遠!? 元・潤羽るしあが「全員不幸」発言の真相を告白
『ウマ娘』ゴルシに続く惨劇…! SNSで「アーニャに似ている女」が急増中
『ワンパンマン』S級1位・ブラストをモブ扱い…211話の改変に失望「なにこの展開」

関連記事(外部サイト)