セカオワ再ブレーク! 話題の新曲『Habit』はRADWIMPSに似てる?

Fukase 

Fukase (C)Maj.l / Shutterstock


若手アーティストの勢いに押され、全盛期の輝きを失っていたセカオワ≠アと『SEKAI NO OWARI』。そんな彼らが最近、『TikTok』の影響で大きな注目を集めているようだ。


「セカオワ」は6月22日、ニューシングル『Habit』をリリース。『オリコン』が発表した7月4日付の『週間シングルランキング』(6月20日から26日集計)では、推定売上枚数2万3167枚で初登場4位を記録した。


【関連】セカオワ・Saoriの政治的発言に賛否「勇気が出た」「35歳にもなって…」 ほか

また6月29日に公開された『Billboard JAPAN』の総合ソングチャート「JAPAN HOT 100」(6月20日から26日集計)では、約7年ぶりに総合首位を獲得。PVも4月28日の公開から2カ月ほどで4000万再生を突破しており、まさに全盛期並みの注目度と言えるだろう。



「『Habit』のPVでセカオワは印象的なダンスを披露。『TikTok』でも若い子たちがこぞって『Habit』ダンスをアップしており、空前のブームが巻き起こっています。これに便乗する有名人も少なくありません」(芸能ライター)


まさかの『セカオワ』ブーム再来?


ボーカル・Fukaseの役者進出など、何かと迷走していた「セカオワ」。再び彼らにスポットが当てられたとして、ネット上では、


《モンスターバンドセカオワ久しぶりのブレークやな。待ってましたと言わんばかりの再ブレークだわ》

《好き嫌い抜きにしても、やっぱり実力はあるよな》

《何歳になっても、キッズに刺さる歌詞書けるのは凄い》

《ダンス考えた人、天才だろ。TikTokに感謝したわ》

《TikTokとダンス、この二つを制する者はチャートを制す》


といった反響が。しかし一部の音楽ファンの間では、ロックバンド『RADWIMPS』に似ているという声も。


《セカオワがラッドみたいな曲を出してる》

《セカオワのHabit、なんか聴き覚えのある曲調だと思ったらラッドの『おしゃかしゃま』に似てるけどオマージュかな?》

《最近流行ってるセカオワのHabitって曲、一昔前のラッド感。みんなこういう曲調ほんと好きだな》


などの意見も見受けられた。


「セカオワ」はこのブレークをキッカケに、再び音楽業界のトップに君臨することができるのだろうか…。


『金田一少年』全員“棒演技”の怪!「呪いだ…」「地上波で流していいの?」
『SPY×FAMILY』ヨルの実写化に成功! 檜山沙耶のコスプレに称賛
『ミヤネ屋』で“コロナ終わった”発言…耳を疑う言葉に視聴者騒然

関連記事(外部サイト)