『ラブライブ!ニジガク』2期“円盤”爆死!? ファン絶賛も売り上げが伸びなかった理由

『ラブライブ!ニジガク』2期“円盤”爆死!? ファン絶賛も売り上げが伸びなかった理由


『ラブライブ!ニジガク』2期“円盤”爆死!? ファン絶賛も売り上げが伸びなかった理由 (C)PIXTA



『ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会』2期BD第1巻の売上が、「期待外れ」だったと話題に。価格の割には豪華特典が盛りだくさんだったが、予想されていたよりも売上が伸びなかったようだ。“円盤”の時代の終焉を痛感せずにはいられない。


【関連】声優・前田佳織里とプロレスラーに繋がりが!? トラウマを刺激される声優オタクたちほか

2022年春クールでは断トツだが…


現在出回っている情報によると、同アニメのBD第1巻の初動売上は、約1万6,000枚とのこと。これは2022年春クールアニメの中では断トツの数字。他アニメのBDが4桁や3桁の売上に留まっているところを見ると、かなり健闘した方だろう。


しかし、これまでのシリーズや同アニメの置かれていた状況を考えると、ややインパクトに欠ける数字だった模様。たとえば2020年に放送された「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」1期のBD第1巻は、初動で約2万2,000枚もの売上を記録していた。


また昨年放送された『ラブライブ!スーパースター!!』のBD第1巻は、約1万4,000枚という売上。一見「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」2期の方が勝っているように思えるが、両者の値段や特典を比べると、そうとは言いきれないようだ。


安くても売れないニジガクの円盤


まず「ラブライブ!スーパースター!!」のBD第1巻は、1stツアー北海道・大阪公演のチケット最速先行抽選申込券や、ブックレット、録り下ろしオリジナルソングCDなどが付録。それに対して「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」2期BDの第1巻も、 5thライブのチケット最速先行抽選申込券やオリジナルソングCDなどが付いている。


収録話数で値段が決まっているのか、「ラブライブ!スーパースター!!」1巻は2話分で7,700円(税込)。一方で「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」2期の1巻は、1話分で4,500円(税込)とお安めだ。


そう考えると両者の売上は、もう少し差がついてもおかしくはない。しかし実際には2,000枚の差しかないため、ネット上では《安くて特典強い割には…》《3巻あたりで確実にスパスタに負ける》などと言われていた。


もちろん「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」2期が駄作だったわけでは決してなく、ファンから絶賛されていた印象。アニメ2期から登場する鐘嵐珠、ミア・テイラー、三船栞子の3人は、ゲーム『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』(スクスタ)のとあるシナリオで炎上したキャラなのだが、アニメではそれがプラスに作用していた印象だ。


というのも鐘嵐珠、ミア・テイラー、三船栞子が登場したことで、アニメがこの3キャラクターをどう扱うのかに大きな注目が。炎上シナリオがハードルを下げていたこともあり、可もなく不可もなく仕上げたアニメのシナリオが大絶賛されていた。


そんな「ニジガク2期」でも1万6,000枚という数字に収まったところを見ると、やはりBD(またはDVD)といった媒体の衰えを感じずにはいられない。いくら推しのために円盤を積み続けるラブライバーたちでも、月額制動画サイトでアニメが見放題な総サブスク時代には勝てないようだ。


文=大上賢一


【画像】


Khosro / PIXTA


兎田ぺこらを『ぶいすぽっ!』新人が圧倒!?“VTuber三国時代”の幕開けか
『にじさんじ』新時代のエースはもう1人いた…『ホロライブ』を脅かす周央サンゴ無双
ジャンプ次の打ち切り2作品が確定? 不穏過ぎるフラグも浮上中

関連記事(外部サイト)