「底辺の職業ランキング」炎上受けフジテレビが掲載職種の人に突撃取材し批判殺到

記事まとめ

  • 新卒向け就職情報サイト『就活の教科書』で炎上した「底辺の仕事ランキング一覧」
  • フジテレビの『Live News イット!』がこの騒動を紹介しトラック運転手らに突撃取材
  • 「日本のために汗水流している人たちに謝ってほしい」「それ必要ある?」と批判が殺到

「底辺の職業ランキング」にさらなる波紋! フジテレビが土木作業員に突撃取材

(C)yu_photo / Shutterstock 


新卒向け就職情報サイト『就活の教科書』が公開した『【底辺職とは?】底辺の仕事ランキング一覧』の炎上騒動が、さらなる波紋を広げている。


「底辺仕事ランキング」には12種類の職業が平均年収とともに紹介されており、上から「土木・建設作業員」「警備スタッフ」「工場作業員」「倉庫作業員」「コンビニ店員」「清掃スタッフ」「トラック運転手」「ゴミ収集スタッフ」「飲食店スタッフ」「介護士」「保育士」「コールセンタースタッフ」と羅列してあった。


【関連】「底辺の職業ランキング」炎上の裏で…『Snow Man』目黒蓮の好感度上昇 ほか

その特徴を、「肉体労働」「誰でもできる」「同じことの繰り返し」などと解説し、さらに「平均年収が低い」「結婚の時に苦労する」とも記載している。ランキングが公開されたのは2021年5月頃とのことだが、記事がネット上で拡散されると、瞬く間に批判が殺到。記事を削除する事態にまで陥った。


そんな中、フジテレビの『Live News イット!』がこの騒動を紹介。あろうことかランキングに記載されていた、トラック運転手や土木作業員に突撃取材を行なった。


「番組ではトラック運転手やゴミ収集業者、土木作業員、介護士、保育士などに直接取材をし、相手からコメントを引き出していましたが、果たしてその必要性があったかは疑問ですね。そもそも底辺職≠ニいうのは『就活の教科書』が勝手に定義したもので、世間のほとんどの人は底辺と認識している訳ではありません。わざわざ感想を聞きに行くこと自体、相手を馬鹿にしていると言わざるを得ません」(ネットニュースサイト編集者)


フジテレビの好感度はダダ下がり


この突撃取材に、視聴者からは、


《フジテレビがトラック運転手に「底辺て言われてるけどどう思いますか?」って聞いてる…。それ必要ある?》

《そもそも底辺職なんてないんだよ。なんでわざわざコメント取りに行こうとするのか理解できない。フジテレビの業務自体が底辺職》

《フジテレビさん、相変わらず何が大切かわかっていないようだね。取材だからってやっていいことと悪いことがあるんだよ》

《運送ドライバー、保育士等々、日本のために汗水流している人たちに謝ってほしい》

《無神経にも程があるわ。トラック運転手さんはいわば血液。絶対に必要な職業人。煽ってるとしか思えない》

《めっちゃ煽ってるやん、インタビューした人に対して失礼だとか思わんのかね。人間の心無さすぎ》


など、お決まりのようにブーイングが殺到している。


先例から何も学ばず、二の舞を踏んだ「イット!」。この調子では視聴者離れが進むのも仕方のないことだろう。


徳光和夫はもう限界?『THE MUSIC DAY』で放送事故級のミス連発
KAT-TUNがついに1人に…孤独なステージが「ポツーン亀梨」と大盛況
『THE MUSIC DAY』カメラワークがヒドすぎ?「腹立ってくる」

関連記事(外部サイト)