『オールドルーキー』大炎上…ペットの扱いが倫理観ゼロ「批判殺到も当然だわ」

綾野剛主演ドラマ『オールドルーキー』が大炎上 常識外れのプレゼントを美談扱い?

記事まとめ

  • 綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』の第2話に視聴者から批判が相次いだ
  • ペットロスでイップスになったゴルファーに40万の犬を買ってあげるという内容だった
  • ネット上では「今時、ペットショップでアニマル買うってさー」などと大炎上となった

『オールドルーキー』大炎上…ペットの扱いが倫理観ゼロ「批判殺到も当然だわ」

<a href='/topics/keyword/綾野剛/160530000250/'>綾野剛</a> 

綾野剛 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


7月3日、綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の第2話が放送された。あまりにも常識外れのプレゼントが美談として扱われ、視聴者から批判が相次いで大炎上している。


主人公は元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)。37歳で選手としてのピークは過ぎ、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していたものの、チームが経営難で解散してしまう。


【関連】『やんごとなき一族』最終回で評価急落「雑過ぎ」「視聴者をバカにしてる」 ほか

あっという間に無職になったところを、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に拾われ、表舞台の選手から選手を支える裏方へ転向。セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生が描かれる。


第2話で新町は、塔子(芳根京子)と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を任される。ひかりは、全国大会で優勝したものの、まだ無名な小学生。今のうちにマネージメント契約を結んで、青田買いすれば、大きな利益を生む可能性が高いという。


一方で同じ頃、梅屋敷(増田貴久)は選手のスランプに悩んでいた。担当しているプロゴルファーの高槻(竹財輝之助)が、極度のスランプに陥り、成績が下降していたのだ。理由を突き止めると、高槻は飼っていたトイプードルが死んで以来、そのショックでイップスになってしまったようだ。


ペットが死んだら代わりのペット(40万円)


この話に、梅屋敷は「ペットが死んだぐらいでパット打てなくなるってそんなのある?」と愚痴を漏らす。しかし最終的には、高槻に新しい犬を40万円で購入してプレゼント。これで高槻のスランプは解消され、梅屋敷も選手のことを想うマネージメントがついにできた…という美談として幕を閉じた。


しかし当然ながらこの展開にネット上では批判が殺到。


《ペットロスでイップスになったゴルファーに40万の犬を買ってあげてめでたしめでたし!って展開に、久々に暴れたいくらい腹立ってる》

《亡くなったペットの代わりはいないし、今の時代に高額な犬…… がっかりすぎる……》

《ペットロスのときに家族でもない人から犬プレゼントとかされたら不信感しかないし、プレゼントって何》

《ペットショップで買う、40万、それをいきなりプレゼント、すべてがありえない》

《今時、ペットショップでアニマル買うってさー》

《これは炎上も批判殺到も当然だわ。ペットのワンちゃんをあんな使い方するドラマ初めてみた》

《ペットのくだりドン引き。あれ駄目だよね?制作陣の倫理観よ》

《新しいイヌでペットロスを癒すって…何この脚本…》

《勝手に犬を買って選手に渡す展開にドン引きした。 ペットを亡くして、新しい子に癒される気持ちは分かる。 けどそれを他人がやっちゃダメだろ。 いくらドラマでもないわ…》

《ペットロス解消に40万のトイプープレゼントの場面で一気に観る気が失せた》

《倫理観、最悪だ。ペットロスに陥っている人への慰めが新しい犬を贈る、しかも「40万」って金額言う必要ある?脚本家や製作陣はペットをなんだと思ってるんだろう…あまりにも酷すぎる》


と大炎上。その一方で、ジャニーズファンが


《今日の優勝は40万のわんこの自腹切った梅ちゃんです》

《40万であんな可愛いトイプードルなら安いと思うw》

《梅屋敷さんの自腹40万は泣いちゃった》

《40万なんてゴチの自腹より少ないから平気よ!》


と感動しているから恐ろしい。またドラマでは、ペット代の40万は経費で落ちない〜トホホ…的なオチまでつけられていた。


全てにおいて倫理観がバグっているようだ。


人気俳優にガチ注意! 島崎和歌子“裏の顔”に「まさにプロ」「重宝するわけだ」
『家事ヤロウ』バカリズムがネット民に怒り「やってるっつうんだよ」
ジャニーズに『プペル』の話題はNG? ジャニオタから悲鳴が上がった理由

関連記事(外部サイト)