『オールドルーキー』無能しかいない大企業に呆れ声「全然共感できない」

反町隆史 

反町隆史 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


7月3日、綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の第2話が放送された。主人公の所属する会社が無能しかいないと呆れられている。


主人公は元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)。37歳で選手としてのピークは過ぎ、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していたものの、チームが経営難で解散してしまう。


【関連】今期ドラマは最終回がダメすぎ? すべてをぶち壊す残念な結末… ほか

あっという間に無職になったところを、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に拾われ、表舞台の選手から選手を支える裏方へ転向。セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生が描かれる。


「『ビクトリー』では、女性社員の塔子(芳根京子)と男性社員の梅屋敷(増田貴久)がエースの座をかけて争っています。しかし塔子はスポーツに全く興味がなければ知識もなく、選手のマネージメントについては契約が取れるかどうかしか考えていない。梅屋敷もほぼ同じで、第2話では担当しているプロゴルファーがペットロスでイップスになったところ、『ペットが死んだぐらいでパット打てなくなるって…』とあっさり切り捨て。もう復活はできないだろうと契約を切ろうとしていました」(芸能記者)


「無能な社長と社員ばかりのマネージメント会社」


さらにこの会社、社長の高柳(反町隆史)も選手のことを道具のようにしか考えていない。知識がないうえに熱意もない社員しかいない「ビクトリー」が、なぜか大企業として成功していることに視聴者からツッコミが殺到。


《こんな無能な社長と社員ばかりのマネージメント会社、アスリートまかせられないわー》

《梅屋敷とかいう無能、いままでどうやって仕事してきたんだ》

《スポーツマネジメント会社の社員がスポーツもマネジメントも素人ばかりで、しかもあちこちにつまらない対立を設定して、なんだかチープやね》

《スポーツマネジメントなんて長期目線で取り組まないといけない仕事なのに、社長が短期利益追求し、社員のレベルが低くてとても利益を出せている会社だと思えない…》

《ここの会社の人達全然共感出来ない》

《この会社の社員駄目すぎない?》

《新町が入るまで、アスリート側に立てる社員がいままで一人もいなかったアスリートマネージメント会社》


といった声があがっている。


主人公が入ることによって社員と会社が変わっていく…というストーリーにしたいのだろうが、さすがにやりすぎなようだ。


超ウルトラスーパー棒演技! 永野芽郁『ユニコーンに乗って』新人女優が話題
劇団ひとり『アメトーーク』出演拒否? 上島竜兵さん企画に不参加の理由…
『東大王』ポスト鈴木光が『ミラクル9』出演「争奪戦始まった」

関連記事(外部サイト)