『水ダウ』吃音症をイジって炎上!「笑えない」「さすがに度を越えてる」

松本人志 

松本人志 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


7月6日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、あるお笑い芸人の喋り方を笑う内容が放送され、視聴者から批判が殺到している。


この日番組では、「説教中の『帰れ!』額面通り受け取るわけにはいかない説」と題し、怒り慣れていない先輩芸人が後輩に説教してから「帰れ」と言い放ち、帰るまでのタイムを競うという企画を放送した。


【関連】『アメトーーク!』ダチョウ倶楽部SPに賛否「笑えない」「上島さんも喜ぶ」 ほか

企画には温厚なお笑い芸人・チャンス大城が登場し、インたけ≠フ愛称で知られる地下芸人のインタレスティングたけしが説教される後輩として招かれた。


問題の描写は、インたけが登場したシーンでのこと。彼は言葉が滑らかに出ず、吃音のような喋り方だったのだが、スタジオのお笑いコンビ『霜降り明星』粗品が「変な奴や」とコメント。またワイプに映った他の出演者も続々と笑みを浮かべ、ナレーションでも「さすがはチャンスの後輩 パンチの効いた男」とイジっていた。




吃音をイジる『水曜日のダウンタウン』に怒りの声


明らかに番組総出でインたけをイジる姿勢に、視聴者も怒り心頭。ネット上では、


《水ダウ、吃音っぽいのをバカにして笑う感じは最悪だな》

《水ダウ見てるけど、吃音症ってだけで癖の強い人間っていうのは可哀想》

《吃音当事者として今日の水ダウは不快だった。吃音を癖の強い人と紹介するのは解せんわ》

《インたけへのイジリは正直笑えない。あのシーンを見て笑えた人は、お笑い≠ナ笑っているのではなく、ただ単に人を笑い者にしてるだけ》

《水ダウ見たけど、吃音をイジるのはさすがに度を越えてる》


などの大批判が巻き起こっている。


「同日の番組では、前半に行われた企画『4世代対抗リレー』でも炎上を招いています。出演した家族の内部事情に踏み込み、さらに若くして子どもを産んだ母親にツッコミを入れる描写も。チャンネルを変えたという視聴者も多く、大バッシングを受けていました」(芸能ライター)


前半と後半の2企画とも炎上した「水曜日のダウンタウン」。尖った企画がウリだが、いい塩梅に加減してほしいものだ。


超ウルトラスーパー棒演技! 永野芽郁『ユニコーンに乗って』新人女優が話題
劇団ひとり『アメトーーク』出演拒否? 上島竜兵さん企画に不参加の理由…
『東大王』ポスト鈴木光が『ミラクル9』出演「争奪戦始まった」

関連記事(外部サイト)