漫画家・村田雄介の“政治的ツイート”が炎上! アメコミファンからもバッシング

漫画家・村田雄介の“政治的ツイート”が炎上! アメコミファンからもバッシング


漫画家・村田雄介の“政治的ツイート”が炎上! アメコミファンからもバッシング (C)PIXTA



『アイシールド21』や『ワンパンマン』の作画担当として知られる人気漫画家の村田雄介が、思わぬ理由によって批判を浴びている。そのきっかけは、ツイッター上で語った本人の“政治スタンス”にあるようだが、なぜ人々の反感を買ってしまったのだろうか。


【関連】安倍元首相を最悪のタイミングでネタに…某“人権派格闘漫画”が打ち切り危機?ほか

同業の先輩に影響を受けるも…


事の発端となったのは、7月10日に村田が行った政治にまつわるツイート。この日は参議院選挙の開票日だったが、自由民主党から出馬した漫画家・赤松健の初当選に対して、《赤松先生当選! 誠におめでとうございます》と祝福している。


どうやら村田は赤松の活躍に触発され、「政治」への関心が強まった模様。それに続く投稿では、《これまで政治という分野にほぼ興味がなかったけど》と前置きし、《俄然興味が湧きました》と告白していた。


村田は御年44歳の漫画家なので、今まで政治に興味をもっていなかったことは少々驚きである。しかし、それよりも大きな火種になったのは、同ツイートに添えられていた《俺が調べるのは面白がるためだけですが》という一文だろう。



これによって村田は、自身があくまで漫画家であり、政治に深入りするつもりはない…と表明したつもりだったのかもしれない。しかし「面白がる」という言い方が、政治と真剣に向き合っている人々の逆鱗に触れてしまうことに。


ネット上では、《せっかく絵はめちゃくちゃ上手いのに人として幼稚過ぎる》《これは先生の年齢ではちょっと公で呟いてはいけない内容ですよ…》《これまで政治に興味なかったのは無知でやや愚か、興味が湧いたのは良いこと、その後の冷笑仕草がダサいし幼稚だし痛い》などと、激しいバッシングを浴びてしまった。


「アメコミ」ヒーローと政治性


また、件のツイートから“弱者”をめぐる議論にも発展。今の政治を切実な問題として感じることなく、まるで部外者のように語っていることについて、《政治に興味持たなくても何の支障もなかったってことか 若者の敵だろこんなん》《怒りで震えます。面白がれるのはあなたが男性で、かつ金銭的に大きな余裕があるからです》《弱者を無視できるくらいに豊かにさせてしまった事を一読者として後悔している》といった指摘も上がっているようだ。


なにより村田といえば、漫画界きってのアメコミファンとして知られる人物。2017年には『スパイダーマン:ホームカミング』のブルーレイ&DVDに封入される特典ポスターを手掛けるなど、公式でアメコミ関連の仕事も引き受けていた。


しかし日本ではともかく、本場アメリカにおけるアメコミは政治性とは切り離せないもの。社会問題や時事的な事柄、マイノリティなどを題材とすることも多く、作家や消費者にとって政治が身近なものになっている印象だ。そのため、アメコミファンの中には今回の「面白がる」発言への怒りを示す人も。


日本のエンタメ界隈では、政治発言が一種のタブーとなってきたが、そんな常識はすでに過去のものとなっているのかもしれない。


文=「まいじつエンタ」編集部


【画像】


Khosro / PIXTA


『FGO』新キャラにドン引き!? 曲亭馬琴のキャラ設定に「気色悪い」
アニメ『ダイの大冒険』85話の原作改変に称賛! アニオリ展開が好評だったワケ
なぜ『ONE PIECE』の戦闘描写はダサくなったのか…『ドラゴンボール』に勝てないワケ

関連記事(外部サイト)