『正直不動産』との落差が…NHK新ドラマに酷評「急降下っぷりがヒドい」

杉咲花主演のNHK『プリズム』、山下智久主演『正直不動産』の後に放送開始で酷評殺到

記事まとめ

  • 山下智久主演のNHK『正直不動産』の後に、杉咲花主演の『プリズム』がスタートした
  • 杉咲のほかに藤原季節や森山未來も出演しているが、見事に自爆したと話題になっている
  • 広瀬アリス主演『恋なんて、本気でやってどうするの?』と同じ脚本家で同じ批判が殺到

『正直不動産』との落差が…NHK新ドラマに酷評「急降下っぷりがヒドい」

<a href='/topics/keyword/杉咲花/160530003889/'>杉咲花</a> 

杉咲花 (C)まいじつ 


7月12日より、杉咲花主演のドラマ『プリズム』(NHK)がスタートした。NHKドラマの注目度が高まりつつあった中で、見事に自爆したと話題になっている。


主人公は、都内の園芸店でバイトする前島皐月(杉咲)。恋愛など、何に対しても本気になれず、声優という夢も諦めかけていた。


【関連】ベッキーが激変? ホラードラマ出演に驚き「顔怖すぎる」「心臓とまるかと…」 ほか

しかしある時、ガーデンデザイナーとして活躍する森下陸(藤原季節)と出会う。


それから、陸が手がける庭園のリガーデンプロジェクトを皐月も手伝うことになり、間もなく恋人に。そんな折、ガーデナーの白石悠磨(森山未來)がプロジェクトに加わることになり、森下はひどく動揺。ガーデンの完成を目指しながら、3人の思いがプリズムのように交錯する…というストーリーだ。


「全く共感できない人物像と急すぎるストーリー展開、そしてLGBT要素てんこ盛りの内容で、第1話から総スカンを食らいました。脚本を担当しているのは、大爆死した広瀬アリス主演の春ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)と同じ人なのですが、こちらも共感できない人物像と急すぎるストーリー展開、無理矢理なLGBT要素のぶっこみで、全く同じような批判を食らっています」(芸能記者)


「これは2回目は見ないな。バイバイ」


とは言え、NHKドラマは注目度が低い。爆死してもあまり痛手はないと思うが、実はそうではないようだ。


「この枠では前クールに山下智久主演の『正直不動産』を放送。豪華キャストとテンポの良いストーリー展開で大好評を博し、4月ドラマの覇権とまで言われるまでに。業界内視聴率もかなり高く、キャストが『ドラマ観てるよ』と声を掛けられることが多いとも明かしていました。こうしてNHKドラマに注目度が集まった中でのこれなので、局としてはなかなかのダメージなのです」(同・記者)


実際ネット上では、


《正直不動産と作品テイストが全く違くてびっくりした…展開早すぎて白目》

《最近のドラマはイライラさせるのが主流なのか? 正直不動産は楽しく見れたのに》

《正直不動産みたいなドラマがいいのに》

《急降下っぷりがヒドすぎるな》

《正直不動産は完走したけどこれは2回目は見ないな。バイバイ》

《正直不動産はおもしろかったのにコレはなんか違うなぁ》


など、『正直不動産』と比較して落胆する声が相次いでいる。


NHKドラマの注目度が、またいつものように下がったようだ。


不評『六本木クラス』の救世主?平手友梨奈に絶賛の声「原作超えてる」
元超人気子役が熊田曜子ソックリに?フェロモン全開にネット民歓喜「ムチムチやな」
『蛙亭』イワクラに“女性アンチ”急増中!「オタサーの姫」「典型的な自称サバ女」

関連記事(外部サイト)