『音楽の日』ジャニオタ激怒!「事故ってた」「泣いていいですか」と騒動に…

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 


7月16日、およそ8時間にわたって放送された大型音楽特番『音楽の日2022』(TBS系)。豪華アーティストが多数出演するということで大きな注目を集めていたが、一部の視聴者からは批判の声が上がっていたようだ。


問題になっているのは、7月15日に「音楽の日」の公式サイトで公開されたタイムテーブル。同番組は14時から放送開始なのだが、タイムテーブルを見てみると、なぜか12時44分からアーティストの名前が並んでいる。


【関連】『めざましテレビ』ジャニーズ特集でNEWSをハブに…「朝から悲しくなった」 ほか

困惑した人も多いようで、ネット上には、


《え? 始まるの何時? リアルは13時でタイムラグ放送なのかな? 困る》

《関西では13時台見れないの、イジメでしかないよね。セクゾちゃん見たかった。来年は、一部地域除くようなタイムテーブルやめて欲しい》

《12時台から始まるのに、なぜ公式で午後2時からって表記するの? 正しい開始時間表記してください》

《午後2時からって書いてあるから14時に録画して楽しみにしてたのに、Sexy Zoneのタイムテーブル13時台ってどういうことですか? 泣いていいですか》

《意見として送ろうかな…タイムテーブルまで出して歌唱するなら、それはもう事前番組ってか音楽の日の一部なのよ…》


といった不満と疑問の声が続出していた。


13時のタイムテーブルには、『Sexy Zone』『NEWS』『Hey!Say!JUMP』といったジャニーズのアイドルグループが多数登場していたこともあり、とくにジャニーズファンから番組に対して批判的な意見が寄せられていた。


実は別の番組? 混乱を招く事前番組


視聴者の混乱を招いたタイムテーブルだが、12時44分から放送されていたのは、実は「音楽の日」に先駆けた『もうすぐ音楽の日』という番組。公式ホームページをよく見てみると、「もうすぐ音楽の日」(※一部地域を除く)と記載されており、別番組であることが分かる。


とはいえ、「音楽の日」の公式サイトでタイムテーブルを発表し、アーティストが楽曲を披露したのであれば、それはもう番組の一部。「事前番組のため一部地域では放送されない」というテレビ局側の言い分も分からなくはないが、ジャニーズファンが「もうすぐ音楽の日」に苦言を呈すのも仕方のないことだろう。


さらに本編でもジャニーズの扱いはイマイチ。『King & Prince』がいま話題の楽曲『ichiban』を披露したのだが、そのカメラワークがあまりにもお粗末だったのだ。カメラのスイッチングが上手くいかなかったのか、画面が真っ暗になってしまう場面もあり、


《カメラワーク下手すぎ。キンプリのとき事故ってたし、それなら定点でいいよー》

《音楽の日のカメラワーク下手すぎてしんどい…韓国の音楽番組のカメラワーク見習って》

《Sexy Zoneカメラワーク悪すぎてイラッとするー!!! ドローン下手すぎやし、あの時間無駄すぎ》

《音楽の日のカメラワークが下手すぎて各オタク発狂してた》

《ほんとカメラワーク悪すぎてどうした。ジャニーズ嫌いなんか?ってくらい下手や》


など、こちらにも批判の声が上がっていた。


一年に一度の特別番組ということもあり、放送を心待ちにしていたファンも多い。概ね好評だったが、ジャニーズファンにとっては散々な結果だったようだ。


伊藤英明が激変! ドラマ『初恋の悪魔』登場も「気付かなかった」「シブい」

有村架純&中村倫也W主演も爆死!? ドラマ『石子と羽男』に「期待し過ぎた」

『ミヤネ屋』打ち切り間近?宮根誠司に不要論「イジリがパワハラ」「本当に不快」

関連記事(外部サイト)