月9『競争の番人』に酷評の嵐!「テンポ悪い」「スッキリもハラハラもしない」

杏  坂口健太郎 

杏  坂口健太郎 画/彩賀ゆう 


7月18日、坂口健太郎と杏がダブル主演する月9ドラマ『競争の番人』(フジテレビ系)の第2話が放送された。しかし、あまりにも悪いテンポに批判が殺到している。


【関連】人気芸人が“局部”をポロリ!? スタジオが大パニックに「マジで出すなよ」 ほか

刑事の白熊楓(杏)は、ミスが原因で公正取引委員会審査局・第六審査へ異動させられてしまう。そこには、天才で理屈っぽく、ひねくれ者の小勝負勉(坂口)など個性豊かなメンバーが在籍していた。


白熊は公正取引委員会・第六審査、通称ダイロク≠フ職員として、独占禁止法に関わる違反行為を取り締まり、公正な競争の場を守る競争の番人≠ニして、談合やカルテルなど不正を働く企業の隠された事実をあぶり出していく。


第2話は前回に引き続き、栃木県のホテル間で行われるウェディング費用のカルテルの疑いなどを調査。一度目は『ホテル天沢』の専務・天沢雲海(山本耕史)にしてやられてしまったが、今回は名誉挽回とばかりに奮闘。ホテル長の長澤俊哉(濱津隆之)の協力などもあり、ホテルによる下請けいじめ≠立証することに成功した。


「まだ続くの? 流石に長すぎない?」


しかし第2話終盤、カルテルを調べていた白熊と小勝負は、長澤の裏切りによってホテルの倉庫に閉じ込められてしまった。そして、そのままこの週のストーリーは幕を閉じるのだった…。


「多くの視聴者は、『競争の番人』に対して1話完結型のストーリーを期待していたようです。しかし第1話で決着がつかなくて、『スカッとしない』と非難が殺到。そして今回も次週に引き延ばしだったため、さらなる批判を招いています」(芸能記者)


ネット掲示板などでは、


《3週も引っ張るのか》

《まだ続くのか…前回の元カレの遺言状も三話で脱落したわ…》

《まだ続くの? 流石に長すぎない? こりゃもっと脱落者増えちゃうぞ》

《早くスカッと成敗してほしい》

《全くスッキリもハラハラもしない》

《なんかテンポ悪く感じる》


といった声があがっている。


果たして、第3話でケリはつくのだろうか…。



関連記事(外部サイト)