話題の猫ゲーム『Stray』をめぐって論争?“グロ表現”のウワサに大混乱

話題の猫ゲーム『Stray』をめぐって論争?“グロ表現”のウワサに大混乱


話題の猫ゲーム『Stray』をめぐって論争?“グロ表現”のウワサに大混乱 (C)PIXTA



7月20日、PS5、PS4、PCのマルチプラットフォームで『Stray』という新作ゲームが発売された。かわいらしい猫が主役ということで、SNS上で大きな話題を呼んでいる。しかしその一方で同作の“ホラー要素”を問題視する人も存在しており、論争が巻き起こっていた。


【関連】『Apex』より民度が低い?『VALORANT』配信でトンデモ暴言が飛び交う…ほか

誇張しすぎたレビューの被害者たち


『Stray』は、サイバーパンクめいた世界観を舞台としたアドベンチャーゲーム。プレイヤーは「猫」を操り、相棒のドローンと協力しながら、サイバーパンクシティの謎を解き明かしていく。


なによりも特筆すべきは、猫のかわいらしさ。まるで本物の生きた猫のようなリアリティーで、細かい動作までしっかりと再現されている。SNS上ではプレイ画面が続々投稿されており、それを見た猫好きのユーザーたちが興味を示しているようだ。



しかしそんな盛り上がりに水を差すように、ツイッター上で同作に注意喚起を行うアカウントが登場。かわいいイメージとは裏腹に、「虫耐性」「グロ耐性」「暗闇耐性」「ホラー耐性」がないと楽しめないゲームだと主張していた。


このレビューが拡散されると、《気になっていたが虫とグロ耐性がゼロなので諦めよう…》《虫耐性いるんですか!? むり!》と拒否反応を示す声が続出。軽い気持ちで手を出そうとしていた人が、躊躇を強いられていた。


ところがその後、元のレビューがかなり誇張した内容であることが発覚。それどころか、ハッキリと“デマ認定”すらされており、アカウントは非公開となっている。


ちょっと不気味なだけなのに…


問題のレビューでは、あたかもゴア表現があるかのように示唆されていたのだが、実際には「Stray」にそのような描写は存在しない。そもそもレーティングが「CERO:B」で12才以上を対象としたゲームなので、ドギツイ表現があるはずもないだろう。


ただ、完全に根も葉もないわけではなく、ちょっと不気味な世界観であることは確か。クトゥルフ神話を連想するようなデザインのクリーチャーなどが、猫の前に現れてくる。件のアカウント以外にも、《しっかりホラーなのでグロ耐性ない人は気を付けて》《ちょっとしたホラー要素で緊張感ある》といった声はちらほら上がっていた。


ふだんゲームに触れておらず、猫のかわいらしさに惹かれて始めようとしている層は、多少気をつけた方がいいのかもしれない。もっとも、PVなどを見れば世界観はある程度つかめるはずだが…。



PC版を販売している『Steam』のレビューを見てみると、全体の97%が好評と圧倒的な評価を得ている。世間の“過剰反応”に振り回されないようにしたいものだ。


文=城門まもる


【画像】


master1305 / PIXTA


壱百満天原サロメがプチ炎上!?「罰ゲーム企画」に過保護ファンがブチギレ
『ONE PIECE』悪魔の実に“新事実”発覚! インペルダウン編に隠された真実
『ヒロアカ』巻頭カラーで大胆ネタバレ!? 死亡フラグを感じさせるキャラたち

関連記事(外部サイト)