新アニメ『リコリス・リコイル』の“覇権”確定!? オリジナルアニメ期待の星へ

新アニメ『リコリス・リコイル』の“覇権”確定!? オリジナルアニメ期待の星へ


新アニメ『リコリス・リコイル』の“覇権”確定!? オリジナルアニメ期待の星へ (C)PIXTA



オリジナルアニメの人気が伸びづらい昨今だが、2022年夏クールの新アニメ『リコリス・リコイル』(TOKYO MXほか)が異様な盛り上がりを見せている模様。『Amazon.co.jp』でのBD全巻セットも予約数が爆伸びしており、“今期覇権アニメ”とするアニメファンも多いようだ。


【関連】雨宮天の“吸血音”に大興奮!?『よふかしのうた』が最高のフェチアニメだと話題にほか

「リコリコ」の魅力とは?


同作は、犯罪を未然に防ぐ秘密組織『DA(Direct Attack)』のもとで暗躍するエージェント、「リコリス」の少女たちを描いた作品。歴代最強のリコリスと評される錦木千束と、「DA」本部を追い出された井ノ上たきなが物語の中心になっており、少女2人の“バディもの”としても楽しめる。



犯罪者予備軍を事前にリコリスが葬ることで、平和が成り立っているシビアな世界観ではあるが、全体的な雰囲気はどこか明るく見やすい作風。とにかくキャラクターが魅力的で、千束とたきなの濃密な関係性に盛り上がるファンが多い。


かと思えば「C.A.R.システム」を取り入れた映画『ジョン・ウィック』を彷彿とさせるガンアクションが描かれていたりと、戦闘シーンはかなり骨太。同作の魅力を一言で語るのは難しいが、それだけに幅広いジャンルのアニメファンに刺さっているようだ。


終盤での失速を心配する視聴者も…


ストーリー、キャラクター、作画、どれをとってもハイレベルな「リコリス・リコイル」に、SNSなどでは《今期の覇権候補筆頭》《今期アニメ覇権やろ めちゃくそ面白いし作画も良い》《話の流れ丁寧だし作画もすごくいいし、今期覇権では?》《リコリコは間違いなく今期覇権。3話メチャクチャ良かった》《非の打ち所がない完璧な作品ってこういうのを言うんですよね》といった絶賛の声が。とくに同アニメの“第3話”を見て、傑作であることを確信した人が多いようだ。


しかしその一方で、《今のところは良さそうだけど、最後まで見ないと面白いか判断できない》《オリジナルアニメは終盤に裏切られるケースが多いから心配》といった声も。たしかに先の展開が決まっている原作付きのアニメとは違い、オリジナルアニメは終盤で失速するケースが多い。物語を上手に畳めなければ、『Angel Beats!』などのように“序盤だけ面白かったアニメ”と言われてしまう。


「リコリス・リコイル」はこのままの勢いで駆け抜けることができるのか。今後のエピソードにも注目だ。


文=大上賢一


【画像】


master1305 / PIXTA


壱百満天原サロメがプチ炎上!?「罰ゲーム企画」に過保護ファンがブチギレ
『ONE PIECE』悪魔の実に“新事実”発覚! インペルダウン編に隠された真実
『ヒロアカ』巻頭カラーで大胆ネタバレ!? 死亡フラグを感じさせるキャラたち

関連記事(外部サイト)