有村架純『石子と羽男』低視聴率でも大健闘? 意外な快挙を達成

中村倫也 有村架純 

中村倫也 有村架純 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


7月22日、有村架純と中村倫也がダブル主演を務めるドラマ『石子と羽男−そんなコトで訴えます?−』(TBS系)の第2話が放送された。低視聴率ではあるが数字をキープし、ファンから安堵の声が漏れている。


石子(有村)は父・綿郎(さだまさし)が営む「潮法律事務所」で働くパラリーガル。ある日、ぎっくり腰になった父の代理として、1回で司法試験に合格した高卒の弁護士・羽男(中村)がやってくる。


【関連】『初恋の悪魔』はガッカリ作品?ファンも脱落…「今のところハマらない」 ほか

正反対のようで似た者同士の2人が、さまざまなトラブルに挑む中で、自らのコンプレックスに向き合って成長する姿がオリジナル脚本でコミカルに描かれる。


同作の初回世帯平均視聴率は6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。低視聴率スタートではあったが、第2話でも6.9%と数字を完全にキープ。視聴者満足度の高い作品であることをうかがわせている。


『インビジブル』は初回9.4%から…


「今期のドラマは第2話で視聴率がガクッと落ちているものが多い。そんな中、数字を完全にキープしたのは、同作と日曜劇場の『オールドルーキー』(TBS系)だけでしたね。日曜劇場は『DCU』のような超駄作でも数字を取れてしまう枠なので、もはやどうでもいいとして、やはり注目すべきは『石子と羽男』でしょう。前クールの『インビジブル』が不甲斐なかっただけに、健闘を期待したいですね」(芸能記者)


『インビジブル』は初回9.4%と、この枠にしては超好スタートだったが、第2話で7.0%に激減。その後もどんどん数字がさがり、一時は4.8%と初回のほぼ半分まで落ちていた。


「一方で、『インビジブル』の一つ前のドラマ『妻、小学生になる。』は、初回からずっと7%台をひたすらキープし、全話平均で7.1%と大健闘。『石子と羽男』もうまくいけば、こちらのパターンになるかもしれません」(同・記者)


まだ何とも言えないぬるい展開が続いているが、これから視聴者を惹きつけることはできるだろうか。


『有吉の壁』有吉弘行が女芸人の容姿にダメ出し「無理が出てきたな、お前も」
『NiziU』人気ガタ落ち! ライブでの目撃情報に「プロ意識ゼロ」
“コロナ感染”藤田ニコルが『ヒルナンデス』出演…「収録なの?」動揺広がる

関連記事(外部サイト)