『ラブライブ!』イラストがまた炎上! なぜか繰り返される“張り付くスカート”の悲劇

『ラブライブ!』イラストがまた炎上! なぜか繰り返される“張り付くスカート”の悲劇


『ラブライブ!』イラストがまた炎上! なぜか繰り返される“張り付くスカート”の悲劇 (C)PIXTA



今年も『ラブライブ!サンシャイン!!』と『ららぽーと沼津』のコラボ企画が発表された。しかし同コラボのイラストについて、SNSなどでは批判の声が。どうやら性的な部分を強調したイラストが槍玉にあがっているようだ。


【関連】声優・三上枝織のベッドシーンにファン涙…『異世界ハーレム』に「実質18禁堕ち」ほか

Vライン強調に違和感


「ラブライブ!サンシャイン!!」は「ららぽーと沼津」がオープンした2019年から定期的にコラボをしており、今回話題になったイラストも当時描かれたもの。「ららぽーと」の制服を『Aqours』のメンバーが着ている姿なのだが、着衣状態にもかかわらず股間のVラインがくっきり描かれていることが、今更ながらに問題視されている。



ただ、批判のされ方が独特で、《その股間に張り付く服の素材はなんなの》《彼女たちに「股にひっつかないスカート」を履かせてやってくれ》《吸引スカート、もはやネタでやってるんかな》《股がスカート吸引してるのか》といった声が。まるで股がスカートを吸引しているかのような見た目に、違和感を抱く人が多いようだ。


「股呼吸」という下品なワードも生まれてしまったものの、それほど違和感を抱かせる表現ということなのだろう。「ラブライブ!サンシャイン!!」のコラボ企画といえば、以前も同じような論点で批判が殺到したことがあった。


なぜか繰り返される股呼吸の悲劇


2020年に「ラブライブ!サンシャイン!!」は、『JAなんすん』とのタイアップで『西浦みかん』をPR。同アニメの主人公である高海千歌が、西浦みかん大使に任命された。


しかしこの企画で公開された高海千歌のイラストが、今回と同じように“Vライン”が強調された見た目だったため、不適切などとのクレームが。その結果「JAなんすん」が急遽パネルを撤去せざるを得ないほどの炎上騒動に発展してしまった。


今更になって2019年の「ららぽーと沼津」コラボイラストが批判されたのも、「西浦みかん」騒動のあおりを受けてのことなのだろう。ちなみに「ららぽーと沼津」コラボイラストには冬制服Verもあるのだが、こちらも股間のVラインがくっきり。批判されることは目に見えているはずなのだが、なぜ修正しないのだろうか。


実際にラブライバーも、股吸引スカートをあまりありがたくは思っていない模様。ネット上では、《萌えとか寛容な方だけどしつこいと思う》《頑なにスカートに鼠蹊部描きたがるのなんなんだ》《まあ確かに変ではある》といった声が上がっていた。


表現の自由うんぬん以前に、強調部分はなくても誰も困らない表現だろう。それでも繰り返し股吸引スカートを世に出してしまうのは、イラストレーターのこだわりなのだろうか。


文=大上賢一


【画像】


Khosro / PIXTA


アニメ『ONE PIECE』原作改変で矛盾が発生…ビッグ・マムの能力にツッコミ殺到
ジャンプ作家がタブー破り!?“連載掛け持ち”疑惑浮上で大ピンチに…?
古代兵器プルトン=戦艦大和!?『ONE PIECE』に頻出する敗戦国・日本のメタファー

関連記事(外部サイト)