『デジモン』は新参お断り!? 待望の最新作が鬱ゲーだと話題「心折れそう」

『デジモン』は新参お断り!? 待望の最新作が鬱ゲーだと話題「心折れそう」


『デジモン』は新参お断り!? 待望の最新作が鬱ゲーだと話題「心折れそう」 (C)PIXTA



7月28日、『デジモン』シリーズのコンシューマーゲーム最新作『デジモンサヴァイブ』が発売された。大人気シリーズの待望の新作ということで話題性は抜群なのだが、その内容にイマイチついていけないファンもいるようだ。


【関連】『ストリートファイター6』新キャラ参戦で大荒れ! 武神流は“ポリコレ”に屈したのか?ほか

さわやかなイメージとは裏腹に…


『デジモンサヴァイブ』のキャッチコピーは、「異世界に迷い込んだ僕は、不思議なモンスターと出会った。」というもの。パッケージ画像には、主人公の少年・百束タクマとアグモンが、古びた木造校舎をバックに振り返る姿が描かれている。


イメージ戦略として“ひと夏の冒険”のような、さわやかな作風をアピールしている印象。初代アニメ『デジモンアドベンチャー』や、細田守監督による『デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム!』に近いようなイメージだ。そうした作品を聖典としてきた、アラサー・アラフォーのファンたちをターゲットとしているのかもしれない。



しかし、にもかかわらず、同作のストーリー展開はかなりダークなようだ。課外キャンプにやってきた少年少女たちが、デジモンのいる異世界に転移する…というのが主なあらすじなのだが、いわゆる「鬱ゲー」のような展開が待ち受けている。流行りの「異世界転生モノ」に慣れきった今の子どもたちには、到底耐えられなさそうな世界観だ。


『デジモン』は新規ファンお断り?


そんな「デジモンサヴァイブ」の内容に、ネット上では賛否両論。ただ、いずれにしても“鬱ゲー”であるという認識は共通のようで、《子ども向けじゃないというか全体的に暗い。楳図かずお先生の漂流教室やってる感じ》《これ鬱ゲーだな…ゲームでこんなに暗くて重いストーリー初めてだ》《クリアする前に心折れそう。デジモンで鬱ノベルゲーやらされるなんて思わないじゃん》と評する声が相次いでいる。


また、同作のシステムも好みが大きく分かれている模様。というのも、テキストを読むアドベンチャーパートと、モンスターをユニットとして操作するSLGパートに分かれているのだが、その比重が大きく偏っている。アドベンチャーパートが重厚な反面、SLGパートは物足りない出来となっているのだ。好きなデジモンを育成して爽快なバトル…という内容を期待していたプレイヤーにとっては、拍子抜けだったことだろう。


ターゲット層として浮かび上がるのは、新規ファンとしての子どもではなく、オタク趣味をこじらせたまま大人になった“あの頃”の「デジモン」ファンたち。同時代の子どもに合わせた作品を作り、新たなファンを生み出し続けている「ポケモン」シリーズとは、正反対の戦略だ。


このまま新規層を取り込まずにいけば、「デジモン」というコンテンツ自体が終わってしまいそうな気もするのだが…。


文=Tら


【画像】


Benzoix / PIXTA


『ONE PIECE』“火ノ傷の男”は何者か…第49話に伏線が隠されていた?
『ハガレン』新作スマホゲーの課金圧にドン引き…信仰心を試されるファン「等価交換の原則」
『ONE PIECE』ヤマトの“仲間入り詐欺”がもう限界…1056話に「引っ張りすぎ!」

関連記事(外部サイト)