『オールドルーキー』打ち切りだった!? 抜け落ちたエピソードとは…

綾野剛主演の『オールドルーキー』の最終回放送 展開の早さに打ち切り説が浮上

記事まとめ

  • 綾野剛が主演を務める『オールドルーキー』の最終回が放送され、視聴率は及第点だった
  • しかし、あまりにも展開が早すぎたことから打ち切り説が浮上している
  • 反町隆史演じる高柳は過去編がないまま終わり、ただの嫌な人になってしまったという

『オールドルーキー』打ち切りだった!? 抜け落ちたエピソードとは…

反町隆史 

反町隆史 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


9月4日、綾野剛主演の日曜劇場ドラマ『オールドルーキー』(TBS系)の第10話・最終回が放送された。全10話の視聴率は及第点で、何の変哲もない数字だが、ネット上では〝打ち切り説〟が浮上しているという。


主人公は、元サッカー日本代表の新町亮太郎(綾野)。37歳で選手としてのピークは過ぎ、J3に所属するチーム「ジェンマ八王子」で活躍していたものの、チームが経営難で解散してしまう。


【関連】『オールドルーキー』最終回で満場一致のクソドラマ認定…「黒歴史になりそう」 ほか

あっという間に無職になったところを、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」に拾われ、表舞台の選手から選手を支える裏方へ転向。セカンドキャリアで懸命に生きる新町の第二の人生が描かれる。


第10話は、前回の話で「ビクトリー」の社長・高柳(反町隆史)からクビを言いわたされた新町が、最後の仕事としてJリーガー・伊垣(神尾楓珠)の海外チームへの移籍交渉を担当。見事に実現させ、高柳とも和解するという大団円だったのだが…。


反町隆史の過去エピソードをカット?


「打ち切り説が浮上しているのは、あまりにも展開が早すぎたからです。ハッピーエンドにもっていくようにするため、強引な展開の連続でしたね。また、高柳の過去が描かれなかったことにも疑問の声があがっています。高柳は過去に裏切られたことがあり、新町などに厳しい対応を取っていたのですが、その過去が具体的にどんなものだったのかはあまり語られず。視聴者は最後まで、高柳がどうしてこんな人格になっているのかわかりませんでした」(芸能記者)


高柳は新町との出会いによって、〝昔の自分〟を思い出したようだが、視聴者はその〝昔の自分〟がなんなのかわかっていない。当然、これでは感動どころではなく、ネット上では


《単にメンヘラ反町に振り回されただけだったな》

《まさか反町隆史の過去編ないまま終わると思わなかった…。それじゃただの嫌な人じゃん》

《高柳社長の過去がなぁ。彼が変わるきっかけになったエピソードにリアリティがあったら、もうちょっと展開に説得力が出た》

《あともう1話欲しかった印象 社長の過去編と改心に至るまでのストーリーは必須だった気がする》

《高柳社長の過去のトラウマをニ話、それ乗り越える回を一話ぐらい描く余裕があったら、もっと厚みと深みの出るラストになったのになぁ》

《なんか打ち切りにでもなったような雑な脚本だった》


といった声があがっている。


日曜劇場は、最終回の放送時間を延長することが多々あるが、今回はナシ。やはり、打ち切りだったのだろうか。


めるる“水着姿”が残念過ぎる?『有吉の夏休み』にモヤモヤ「事務所NG?」
『オールドルーキー』打ち切りだった!? 抜け落ちたエピソードとは…
『初恋の悪魔』真犯人が判明!? 被害者3人の共通点とは…「復讐とみた」

関連記事(外部サイト)