井上咲楽“平成の名曲”知らず…くりぃむ有田も呆れ「もう無視しよう」

井上咲楽が『平成の名曲』を知らず キャスティングがミスマッチと厳しい声

記事まとめ

  • テレビ朝日系『くりぃむナンタラ』でサビを聞いて曲タイトルを答える企画が実施された
  • 井上咲楽はMr.Children『名もなき詩』やI WiSH『明日への扉』を歌えなかった
  • ネット上で「ミスキャスト感 何なら歌えるんだw」などの声が上がっている

井上咲楽“平成の名曲”知らず…くりぃむ有田も呆れ「もう無視しよう」

井上咲楽 

井上咲楽 (C)まいじつ 


9月11日放送の『くりぃむナンタラ』(テレビ朝日系)に、着々と仕事の幅を広げつつあるタレントの井上咲楽が出演。しかし、今回のキャスティングがミスマッチだとして、中高年の視聴者から厳しい声が上がっている。


【関連】おかずクラブ・オカリナの偏愛にドン引き…劇場で73回も同じ映画を鑑賞 ほか

「サビを歌ってタイトルを答えろ!クイズサビカラメドレー」と題し、チーム内の1人がサビを熱唱し、残り3人が曲のタイトルを答えるといった企画を実施。


『ココリコ』遠藤章造、『HOUND DOG』大友康平、 『ハリセンボン』近藤春菜、フリーアナウンサー・高橋真麻、『ジャニーズWEST』濱田崇裕、タレント・峯岸みなみ、歌手・荒牧陽子らが挑戦していった。


先行・有田チームの『くりぃむしちゅー有田哲平が『光GENJI』の『パラダイス銀河』を、大友は松田聖子の『青い珊瑚礁』を自信満々に歌い上げる。しかし、井上は手拍子を打ちながら、浮かない顔を見せていた。『Mr.Children』の『名もなき詩』を振られたところで、「あ~わからない!」とギブアップし、近藤にバトンタッチ。


再びバトンが渡され、『I WiSH』の『明日への扉』を歌うことになった際も降参し、近藤が連続で熱唱した。


『SPEED』の名曲も「さっぱり…」


次のステージでは、1980年代・90年代・2000年代以降の3パートの曲でそれぞれAメロ、Bメロを聞いてサビが歌えるかに挑戦するコーナーを実施。サビを歌える人だけが舞台に上がるのだが、一向に姿を見せない井上は「昭和の曲…松田さんの『赤いスイートピー』ぐらいしか知らないですね…」とポツリ。


続けて『SPEED』の『Body & Soul』や綾香の『I believe』が流れた際にもステージに上がることはなく、「さっぱりでした…」とコメントを残し、MCの山里亮太は「咲楽ちゃんこれは痛いな…救うっていうことだったのに~」、有田からは「もう無視しよう、今回は!」とイジられた。


チーム内の3人が奮闘するなか、何とも言えないアウェイ感を醸し出した井上に対し、ネット上では


《ミスキャスト感 何なら歌えるんだw》

《賑やかしだったら相手に遠藤いるんだし狩野英孝でよくない?》

《さくらちゃんここでは輝けないな 残念》

《SPEED知らないのか 逆になんの曲ならわかるの?》

《音楽番組とか全く見ないんだろうなぁ なんで出たんだろう》


などの指摘が寄せられている。一方、井上と同じ世代の視聴者からは


《そもそもサブスクとかで色々な曲が聴ける時代に育ってるもんね》

《周りも松田聖子とかSPEED知らない子が多いわ》

《サビは知ってるけどAメロBメロ聴いてもわかんない曲かなりあったし、井上咲楽ちゃんと同じくらいのレベルだった》

《昔の曲聴かないの分かる、サビがちゃんと歌えるほど曲を聴き込む世代じゃないっしょ》


など、共感の声も上がっている。


終盤、「こんなにみんなが何言ってるかわかんない番組初めて…」と苦笑交じりにコメントした井上。平成や令和の名曲も織り交ぜて再出演してほしいものだ。


本田望結がうっかりポロリ…ジャニーズが指摘「じわる」「うける」
ヒロインが別の男と…『石子と羽男』まさかのエンドに歓喜「大正解すぎる」
朝ドラヒロインは貧乏くじ?『舞い上がれ!』福原遥も“好感度”ガタ落ちか…

関連記事(外部サイト)