四千頭身が“公開処刑”状態! スベッた挙句に観客が…「きっつう」

後藤拓実 

後藤拓実 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


大人気お笑いトリオ『四千頭身』が、9月15日放送の『千鳥のクセがスゴいネタGP』(フジテレビ系)に出演。ネタを披露したものの大スベりし、逆に観客が笑いを取る公開処刑状態になってしまい、視聴者を驚かせた。


企画「クセスゴ笑10(しょうてん)」を放送。芸能人を含む、落ち込むことがあった10人が観客としてスタンバイ。芸人たちが一人ひとりにネタを披露し、全員を笑わせることができればクリアとなる決まりだった。


【関連】『千鳥』MC番組がヤラセで終了!? まさかの最終回に「番組終わるわw」 ほか

「四千頭身」はバイオリンをネット通販で買ったものの届かず、詐欺にあったことに気付いたという元『モーニング娘。』の保田圭ら3人目まで難なくクリア。4人目に控えていたのは『二丁拳銃』の川谷修士を夫に持つ、放送作家の野々村友紀子だった。


観客の野々村由紀子が笑い取る…


同じ相手から2回間違い電話を受けたあげく、相手から逆ギレされて落ち込んでいるという野々村に、3人は鬼ごっこのショートコントを見せた。


鬼が1人だけを狙う行為、鬼だった人物にタッチ仕返す行為を禁止するとのルールを設定。最初に石橋遼大が後藤拓実にタッチし、後藤は石橋、都築拓紀を狙ったが「タッチ返しなし!」(石橋)、「一人狙いなし」(都築)とタッチを拒否されオドオドした。


だが吉本興業でお笑いの講師も務める野々村は真顔。制限時間を迎えてゲームオーバーとなった。


「腕組みだけやめていただきたい…」と怖がる3人を見て、ようやく笑みを浮かべた野々村が「全然面白くて…ホントなんやろ? 旦那(川谷)が売れてないから余裕がないのかな、心に? ゴメンねえ」と謝ると、スタジオからはどっと笑いが起きた。


視聴者は3人のネタより野々村のエピソードの方が面白かったと嘆いていた。


《四千頭身のネタを超えてくる野々村さんのエピソード》

《野々村さんさすが(笑)強っw》

《野々村のはもうただのネタ見せなんよw》

《野々村友紀子のラスボス感》

《野々村きっつう》

《野々村さんは怖いて…講師の目しとるもん…》


ネタを見せる相手の方が格上だったようだ。


『YOASOBI』本格的に大ピンチ!? YouTube再生回数が衝撃的…
『ミラクル9』放送禁止の“政治クイズ”に視聴者騒然「安倍関係?」
『有吉の壁』コスプレの “金髪の子”が好評「かわいい」「分かるネタ」

関連記事(外部サイト)