滝沢秀明『恐怖の追放リスト』後編 〜明暗分かれるベテラン勢〜

滝沢秀明『恐怖の追放リスト』後編 〜明暗分かれるベテラン勢〜

画/彩賀ゆう

前編で『ジャニーズアイランド』の滝沢秀明代表取締役社長が行う「事務所追放リスト」の最優先人物について触れた。中居正広、小山慶一郎、加藤シゲアキ、手越祐也らだ。



この後編では、まだまだトンデモナイ追放メンバーを考えていることが明かされる。


「2020年末に活動休止が決まっている『嵐』の大野智と櫻井翔。大野はもともと脱退するつもりだったとされますが、そればかりではない。以前、彼は乱交パーティーの様子を顔写真付きでスッパ抜かれている。定期的にやっていたことも暴かれており、『嵐』活動休止後は辞めてもらう予定。大野本人も『放浪の旅をしたい』と言っていますし、好都合です」(ジャニーズライター)


櫻井に関しては、東京五輪まで日本テレビの代表リポーターを務めることが分かっている。


「滝沢は、櫻井の無能さが大嫌い。親が高級官僚だったこともあり、事務所も優遇してきた。しかし、すでに退官。現在は大手広告代理店勤務とはいえ、期限付き執行役員で何の影響もない。何より司会がヘタで使いものにならない。五輪終了後、『嵐』もなくなるので不要です。滝沢のお気に入りで“ゴマすり”亀梨和也が、櫻井の後釜に座ります」(同・ライター)


?


ベテランにも容赦はない

木村拓哉に関しては、『SMAP』独立の際に翻意。妻の工藤静香とともに、メリー副社長に忠誠を誓ったことも明らかになっている。しかし、滝沢社長は納得していない。


「滝沢にとって木村は、一度は事務所を裏切った人間。今後は“イジメ”の対象です。だから最近、木村はバラエティーにやたら登場。イベントでも女性タレントと並ばせないのが決まりだったのに、映画の公開あいさつで長澤まさみと並ばされ、その背の低さに驚かされた。木村イジメの典型で、将来は設立予定のアイドルスクールの責任者に飛ばす予定」(女性誌記者)


序列でトップの近藤真彦も例外ではない。近藤はタレント部門の責任者になると長く考えられたが、今回、滝沢社長が異例の出世。すでに近藤は滝沢社長の下となった。


「年越しの“カウントダウンライブ”で『タッキー&翼』の慰労のために近藤はステージに上がった。その際、クビの今井翼には笑顔で声を掛け握手。滝沢には横を向いての握手だった。滝沢は、カーレースばかりしてまるで仕事をしないマッチをどう処罰するか思案中。今後、音楽出版社に回し、著作権管理をさせることも考えているようです」(同・記者)


東山紀之は一部のマニアックなファンのために現状維持。『TOKIO』は山口の一件があり、さっさと切りたいところだが、実績十分の長瀬智也がいるため別会社での活動を模索しているという。


社長就任からまだ間もないが、わくわくするような振る舞いは「さすがタッキー」としか言いようがない。


(滝沢秀明『恐怖の追放リスト』前編 〜狙われた大物たち〜)


?


関連記事(外部サイト)