『モニタリング』人気アニメ主題歌アーティストが偶然登場「懐かしい!」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock


9月15日の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)では、大人気コーナー「透明カラオケBOX」を放送。この企画に偶然、大ヒットアニメの主題歌を務めたバンドマンが登場し、ネット上で大反響を呼んでいるようだ。


【関連】ブルゾンちえみ、ひょっこりはん…日テレ“ゴリ押し”芸人の現状が悲惨! ほか

同企画は、街に透明なカラオケBOXを設置し、道行く人がカラオケに挑戦して、95点以上を出せば賞金が手に入るというもの。


今回は浅草を舞台にさまざまな挑戦者が現れる中で、「バンドをやってまして」と自負するメガネの男性が登場する。しかも「一応デビューしてるので」といった情報も明かされ、スタジオで観察していた出演者たちも期待に胸を膨らませていた。


そんなバンドマンの男性は、ミュージシャンらしからぬ優し気な風貌ではあるが、アニメ『NARUTO -ナルト-』や『銀魂』の主題歌を務めた大物。『シュノーケル』というバンドのボーカル・西村晋弥で、偶然通りかかった際に友人の勧めで参加したという。そしてマイクを手にして、ロックバンド『Mr.Children』初期の名曲『星になれたら』を熱唱することに。残念ながら94点と賞金には届かなかったものの、プロだけあって美しい歌声を披露していた。


ガチのプロ参戦で視聴者も驚き!


人気アニメの主題歌を務めたプロ中のプロが参戦したため、視聴者もさすがに仰天。しかも「NARUTO」や「銀魂」の影響で「シュノーケル」を知っている人は多く、ネット上では、


《モニタリングに、NARUTOの『波風サテライト』とか、銀魂の『奇跡』を歌ってたシュノーケルのボーカルの人が出てる!》

《あー、なんか聞いたことある。NARUTOの主題歌の人なのね》

《プロは反則でしょwww》

《顔は全く知らないけど曲は聞いたことある!》

《銀魂のエンディング好きだったなー。歌声が懐かしいです!》


などの反響が続出している。


「西村は今回の出演を、自身のツイッターにて振り返っています。偶然に遭遇したことは本当のようで、《大好きな番組だったので企画も知ってて、スタッフさんに聞いたら普通に出れて、めっちゃガチやん!って思いました》と説明。さらに今回でクリアできなかったため、《また遭遇出来るよう町歩き趣味にするw クリアするまでw》と意気込んでいました」(芸能ライター)




彼の姿がまた「モニタリング」で見られる日が来るのかもしれない。


『ガキ使』最終回が近い? 囁かれるダウンタウンの“解散カウントダウン”
『石子と羽男』最終回にドン引き? 浮気ニオわせオチに「設定が不自然」
長嶋一茂に“禁断の言葉”を…ベテラン芸人の発言に驚き「NGじゃないんだ」

関連記事(外部サイト)