『日向坂46』4期生加入にファン動揺…メンバー大量卒業の可能性も?

日向坂46 

日向坂46 (C)まいじつ 


アイドルグループ『日向坂46』の4期生メンバー加入に動きがあった。9月21日に詳細な人数などが明らかになったが、新メンバーの加入によって現在の体制が崩れる可能性があるため、ファンは不信感を抱いているという…。


【関連】『乃木坂46』の“きつねダンス”にクレーム?「動きづらそう」「違和感」 ほか

グループの公式YouTubeチャンネルは、同日に4期生のティザームービーを投稿。上空から撮影された広大な海と崖の映像が流れ、崖の上には4期生の姿が映し出される。豆粒程度にしか映っていないため、微かに人数が確認できる程度ではあるが、およそ12人の人物が登場していた。



「21日時点では、メンバーの名前や正式な人数は明かされていません。しかし22日の12時より、公式チャンネルに一人ずつのプロフィール動画が公開されると発表されました」(芸能ライター)


仲良しグループに“亀裂”が入る可能性も…


ファンが懸念しているのは、4期生の加入によって現在の体制が崩れてしまうという可能性だ。


「現在の『日向坂46』はグループ全員が選抜メンバーなのですが、12人も加入してしまうと他のグループのように〝選抜制〟が導入されることも考えられます。彼女らは仲良しであることが売りでもあるため、選抜制によってメンバー同士がギスギスしてしまうかもしれません…」(同・ライター)


この事態にファンである〝おひさま〟も動揺しているようで、ネット上には、


《人数多すぎません? 選抜制になったら嫌な予感しかないから怖い》

《選抜になったらどうしよう。そんなに要らない…。なんかおひさまの気持ちが壊されているみたい》

《日向坂が選抜制に→卒業ラッシュが始まる。という流れが一番怖い》

《4期12人? 多くね? 選抜とかになったら無理だが?》

《日向は4期か。選抜をしない団結のとれたグループも世代交代の波はやがてやってくる

《もし4期が2桁ならきっと選抜制になるだろうね》


など、悲しみの声が殺到している。


おそらく選抜制が導入されてしまった場合、選抜外メンバーのモチベーションの低下から卒業者が続出する未来も予測できる。果たして「日向坂46」は、今まで通り仲良しグループというイメージを保つことができるのだろうか。


『ガキ使』最終回が近い? 囁かれるダウンタウンの“解散カウントダウン”
『石子と羽男』最終回にドン引き? 浮気ニオわせオチに「設定が不自然」
長嶋一茂に“禁断の言葉”を…ベテラン芸人の発言に驚き「NGじゃないんだ」

関連記事(外部サイト)