指原莉乃“MC番組”打ち切りラッシュで大ピンチ! 今週の嫌われ女ランキング

指原莉乃 

指原莉乃 (C)まいじつ


今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも〝嫌われた女〟ランキングと、代表的な記事をご紹介します(9/21配信まで、独自ポイントで集計)。


1位 指原莉乃 : 指原莉乃“MC番組”打ち切りラッシュ大ピンチ? 限界が見え始めた新女帝… 700pt.


指原莉乃“MC番組”打ち切りラッシュ大ピンチ? 限界が見え始めた新女帝…



2位 上白石萌音 : 上白石萌音やはり熱愛中? チラつく佐藤健の影「もしかして健くんの家に…?」658pt.


上白石萌音やはり熱愛中? チラつく佐藤健の影「もしかして健くんの家に…?」



3位 後藤真希 : 36歳・後藤真希の美貌に異変が…?「カイジ並みにとんがってる」 551pt.


36歳・後藤真希の美貌に異変が…?「カイジ並みにとんがってる」



4位 ほしのあき : ほしのあき“芸能界復帰”間近!? カギを握るのは夫の成績か… 402pt.


ほしのあき“芸能界復帰”間近!? カギを握るのは夫の成績か…



5位 中野美奈子 : 元フジ・中野美奈子“香川県に永住”決意も…「後悔しないように」の声 388pt.


元フジ・中野美奈子“香川県に永住”決意も…「後悔しないように」の声



6位 イワクラ :『蛙亭』イワクラの“遅刻癖”にドン引き「相方を舐めすぎ」「ネタでも無理」325pt.


『蛙亭』イワクラの“遅刻癖”にドン引き「相方を舐めすぎ」「ネタでも無理」



7位 阿部華也子 : 阿部華也子“大分県の習慣”を力説も県民困惑「聞いたことない」291pt.


阿部華也子“大分県の習慣”を力説も県民困惑「聞いたことない」



8位 内田恭子 : 46歳・内田恭子の“腹チラ”自撮りに賛否「カッコいい」「流石にこの服は…」275pt.


46歳・内田恭子の“腹チラ”自撮りに賛否「カッコいい」「流石にこの服は…」



9位 みちょぱ : みちょぱの“結婚祝い”が太っ腹すぎ「バチクソ高い」「私もほしいけど…」254pt.


みちょぱの“結婚祝い”が太っ腹すぎ「バチクソ高い」「私もほしいけど…」



10位 川栄李奈 : お米が苦手? 川栄李奈の“超偏食”にア然「野菜を食べるのは修行」211pt.


お米が苦手? 川栄李奈の“超偏食”にア然「野菜を食べるのは修行」



佐藤健×上白石萌音に“疑惑”再浮上


今週もっとも注目を集めたのは、バラエティー界の〝新女帝〟となったタレントの指原莉乃にまつわる話題でした。彼女が、ついにいよいよ本気で正真正銘の窮地に立たされているようです。


「バラエティータレント女王だった指原は、昨年から大御所ポジションへのステップアップを本格的に画策。『ゼロイチ』、『超無敵クラス』(共に日本テレビ系)、『100%! アピールちゃん』(TBS系)、『トークィーンズ』(フジテレビ系)と、MC番組が立て続けにスタートしました」(芸能プロ関係者)


ですが、この〝昇進計画〟は思うようにいっていません。アイドル時代の2016年から共同MCの1人を務めていた『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)は、今春で10年の歴史に幕。「ゼロイチ」は世帯視聴率1%台を連発する低空飛行で、「アピ~ルちゃん」に至ってはゴールデン・プライムタイムにもかかわらず、世帯視聴率3%台の爆死を連発しました。


さすがに上がり目がないと感じたのか、番組はこの秋から『月曜の蛙、大海を知る。』にタイトルを改め、メンバーそのままにリニューアルすることが決定。華々しく始まったMC番組の数々は、揃いも揃って打ち切り危機の〝討ち死に〟を迎えようとしています。


指原と言えば、朝日奈央やファーストサマーウイカ、王林、藤田ニコルらを圧倒し、バラエティー女王のトップに君臨していたはず。それがなぜ、こんなにも不甲斐ない結果の数々に終わってしまったのでしょうか…。


「シンプルに、指原に番組を仕切るほどの実力がないのです。彼女はひな壇やガヤのタイプで、場を回すことは別に上手くない。これまでは〝回し上手〟というイメージ作りに成功していただけで、実像と虚像は大分かけ離れています。その証拠に、よく見てみると『今くら』、『超無敵クラス』、『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)、『ヒロミ・指原の〝恋のお世話始めました〟』(テレビ朝日系)と、どれもヒロミ、坂上忍、『かまいたち』、『フットボールアワー』後藤輝基といったMCが回しており、指原は陰でガヤるだけでしょう?」(バラエティー関係者)


その不甲斐なさをもっとも感じられるのは『トークィーンズ』だと言います。


「同番組は『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)にそっくりなことで知られていますが、ハッキリ言えば『上田と~』の劣化版です。同番組の『くりぃむしちゅー』上田晋也は1人で10人の女性タレントをまとめ、ツッコミからフリまで全てこなしている。一方、『トークィーンズ』は指原がガヤしかできないため、実力不足を埋めるため10人もの女性タレントが駆り出されています。まぁ、上田と指原の実力を比べるのも酷ですが…」(同・関係者)


11月に30歳を迎える指原。このまま右肩下がりの芸能活動になっていくのでしょうか。


続いては、俳優・上白石萌音にまつわる話題です。


2020年放送のドラマ『恋はつづくよどこまでも』(TBS系)での共演以降、佐藤健との熱愛がウワサされている上白石。メディアでもたびたび話題になる2人に、またもや〝逢瀬〟が取り沙汰されているようです。


きっかけとなったのは、上白石の妹・萌歌のインスタライブでした。9月12日、萌歌が自身のアカウントで音声のみの配信を行なったところ、姉の萌音がコメントで飛び入り参加。コメントを見た萌歌が「萌音ちゃんも見てるの? ありがとう。どこにいるの?」と呼び掛けると、「リビングで見てる」とのコメントが返ってきました。


これに萌歌は「え! 聞いてるんだお姉ちゃん!」と驚き、「50メートルぐらい先にいるんですけど…ちょっと静かにしてもらってます」とも発言。姉妹の仲睦まじいやり取りでしたが、佐藤のファンはこれに〝ある疑惑〟を抱いたと言うのです。


「上白石姉妹は同居していると公言しているため、『50メートル先にいる』発言にコメント欄は『広すぎる』とザワつくことに。これを受け、50メートルは間違いだったと訂正されましたが、音声のみの配信だったことや、突拍子もない数字が出たことで『何かを隠している』『やましいことがあるのでは?』と物議を醸したのです」(芸能ライター)


中には、《もしかして健くんの家に遊びに行ってたりして》《コメントを打つだけなら自宅以外でもできるもんね》といった邪推も飛び交うことに。同じ空間にいたのは妹ではなく、佐藤ではないかと疑われてしまったのです。


「ドラマ終了当時、萌音は佐藤のYouTubeチャンネルに登場し、『寂しい』と猫なで声を出したり、自身を女性として認識しているか佐藤に質問したりして、プチ炎上。また、ファンによって2人が柄違いのスマホケースを使っていることや、ペアリングの疑惑も上がりました。こうした疑惑を佐藤のインスタに直接質問する者も現れ、佐藤自身が配信で『僕と萌音のお揃いの指輪? するわけないでしょ!』と直接否定したことも。しかし、こうした件は認めるはずもないので、〝グレー〟な状態が続いています」(週刊誌記者)


『花より男子』、『大恋愛 ~僕を忘れる君と』(どちらもTBS系)など、人気ドラマで恋人役を演じた役者同士は、ファンからも「本当に付き合って欲しい」と歓迎されることがしばしば。佐藤のファンにも、ドラマ同様に萌音と結ばれることを望む人もいますが、一方で許せないという人も多いようです。


果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。


『千鳥』大悟が“同郷の売れっ子歌手”に恨み節で反論続出「嫉妬してるのかな?」
『イッテQ』“最強女子”が「ばり可愛い」!ネット民はロッチ中岡より注目
浜田雅功“現場で泣いた”新人女優にカッコよすぎる行動「ほんとの優しさ」

関連記事(外部サイト)