『竜とそばかす』はワンピ最新作の下位互換? アニメ映画の“歌姫”論争勃発

(C)Morumotto / Shutterstock 


9月23日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)で放送された、細田守監督の大ヒット映画『竜とそばかすの姫』が、現在公開中の映画『ONE PIECE FILM RED』と比較され、議論の的になっている。


「竜とそばかすの姫」は、インターネット上の仮想世界「U」を舞台に、主人公の女子高生・内藤鈴が歌姫として活躍する姿を描いた作品。


【関連】RADWIMPS×新海誠はもう飽きた? 最新作『すずめの戸締まり』に落胆 ほか

鈴の声優には歌手の中村佳穂が抜擢され、劇中歌が大きな注目を集めることに。残念ながら声優としての演技は「下手」などの酷評も少なくはなかったが、彼女の歌声は絶賛されていた。


そして「ONE PIECE FILM RED」も、同じく劇中歌をメインに〝歌姫〟を題材とした物語。歌姫のウタがキーパーソンで、歌唱パートはAdoが担当し、多くの劇中歌が作品を彩っていく。歌唱パートと声パートで分かれており、声パートは声優の名塚佳織がキャスティングされている。


『竜とそばかすの姫』は劣化版『FILM RED』?


「金ロー」で「竜とそばかすの姫」が放送されたことにより、共通点の多い2作を比較する人が多く、


《「竜とそばかすの姫」は「ONE PIECE FILM RED」の下位互換だと思ってる》

《ワンピースは歌ウタと普通のウタ分けたのが大正解だよな。竜とそばかすの姫を見てて思った》

《竜とそばかすの姫を見て思うけど、ワンピースREDもこういうの作りたかったんやろなって。似てるシーンが結構ある。それにしてもREDは酷すぎた(笑)》

《ワンピース映画どうしても曲パートで声変わりするのが気になるよね》

《竜とそばかすの姫の鈴の声優マジで声キレイ過ぎだろ。REDの歌唱より評価高いって》


など、ネット上で議論が勃発していた。


いずれも〝歌だけは最高〟といった声が多く、両作ともにストーリーを評価する人はほとんど見られない。今後アニメ映画は、歌や劇中歌がヒットのカギを握るのかもしれない。


柴咲コウ『Mステ』で元彼と共演!「これ伝説だろ」「流していいの!?」
吉田羊の実年齢を安住アナが暴露!「見えない」「美しすぎる」と視聴者驚愕
『THE TIME,』で放送事故!? 女子アナの口から黒い汁が…「朝からダメだって」

関連記事(外部サイト)