TBS宇垣美里アナ“所属”決まらず…「やっぱりセクシー要員」か

TBSを退社予定の宇垣美里アナ、『サンデージャポン』で「所属事務所は未定」と語る

記事まとめ

  • TBSを退社予定の宇垣美里アナが、まだ所属先が決まっていないことが明らかになった
  • 本人自ら、端っこ出番しかない『サンデージャポン』で、「所属事務所は未定」と語った
  • 《芸能プロO社入り》とスポーツ紙報道あったが、未定は確かなようで「拾い手なし」か

TBS宇垣美里アナ“所属”決まらず…「やっぱりセクシー要員」か

TBS宇垣美里アナ“所属”決まらず…「やっぱりセクシー要員」か

画/彩賀ゆう

TBSを3月末で退社する宇垣美里アナだが、まだ所属先が決まっていないことが明らかになった。本人自ら、端っこ出番しかない『サンデージャポン』2月10日放送回で、「所属事務所は未定」だと語った。



「宇垣アナは、いろいろオファーがあって迷っているような口ぶりでしたが、彼女特有の見栄でしょう。実際には引っ張ってくれる事務所は、まるでないようです。正直、醜聞は一流ですが、“アナウンサー”としての需要はない。勘違いのカタマリですしね」(女子アナライター)


宇垣アナの退社については、正月早々、TBSに近いスポーツ紙が《芸能プロO社入り》と報道。しかし、サンジャポでは『爆笑問題』が所属するT社に所属するという話にすり替わっていた。


「『O社に入るってホント?』こう聞くのなら分かりますが、突然のT社入り質問。番組は『爆笑問題』太田光がMCですし、ほとんどヤラセのやり取りに見えました。でも、宇垣アナの所属事務所が決まっていないのは確かみたいです。本命のO社も、支度金を要求され困惑しているとか。他の芸能プロも、彼女を欲しがっているという話は聞きません」(前・ライター)


未定というより「拾い手なし」というのが正直なところかもしれない。


?


渦中の中ウヌボレだけが増していく

「宇垣アナは、アナウンス室でも浮いていて誰も相手にしていません。だいたい今回の退職報道で『自分はスターだ』という意識がますます強くなってきた。一部週刊誌は、彼女は局内でうつむいて歩いているなんて報じていますが、トンデモない。本を机に置くのにバシッとたたきつけるようにして周囲を威嚇する。みんなビクビクです」(TBS関係者)


宇垣アナは、サンジャポにスタジオ司会で出ている後輩の山本里菜アナに対して“有給先”の沖縄からメッセージ。「かわいい後輩です」と語ったところ、山本アナは「本当ですかね」と反論していた。


「2月5日、ラジオ番組で退職を勝手に報告。また騒ぎを大きくしました。そうして騒がれれば騒がれるほど、どんどんウヌボレていく。別に人気アナでもないので、自分を知るべきでしょう。今後、どこの芸能プロに入るかは不明ですが、フリーアナとしては厳しい。たぶんセクシー要員として活動する感じでしょう。その方が本物のスターになれると思います」(前出のTBS関係者)


“身の程知らずのセクシーカット”を『週刊〇〇』あたりが間違いなく載せるだろう。楽しみだ。


?


関連記事(外部サイト)