萌え大国・日本が『原神』を作れなかったワケ…今週のゲームニュースランキング

萌え大国・日本が『原神』を作れなかったワケ…今週のゲームニュースランキング


萌え大国・日本が『原神』を作れなかったワケ…今週のゲームニュースランキング (C)PIXTA



今週も、さまざまなジャンルのゲームが界隈を賑わせました。旬の話題をお届けする『まいじつエンタ』で、今週もっとも話題となったゲームニュースをご紹介します(9/29配信まで)。


1位 日本のゲーム業界が『原神』を作れなかった理由は? 萌えオタをナメた結果“覇権”は中国に…



日本のゲーム業界が『原神』を作れなかった理由は? 萌えオタをナメた結果“覇権”は中国に…



2位 『ライザのアトリエ3』太もも以外にも注目ポイント! 大不評だった2のライターが降板



『ライザのアトリエ3』太もも以外にも注目ポイント! 大不評だった2のライターが降板



3位 『ガンエボ』親指エイムを隔離!『Apex』民から「FPSのあるべき姿」と絶賛の声



『ガンエボ』親指エイムを隔離!『Apex』民から「FPSのあるべき姿」と絶賛の声



4位 大炎上の韓国版『ウマ娘』訴訟沙汰へ!? なぜか世界を獲れない日本のソシャゲ



大炎上の韓国版『ウマ娘』訴訟沙汰へ!? なぜか世界を獲れない日本のソシャゲ



5位 『スプラトゥーン3』台頭で『Apex』は用済み!?“合コンツール”の世代交代か



『スプラトゥーン3』台頭で『Apex』は用済み!?“合コンツール”の世代交代か



魅力的な要素が詰まった「原神」


今週もっとも注目を集めたのは、2020年9月に中国のゲーム会社からリリースされた「原神」にまつわる話題でした。


世界に誇る日本の文化的魅力として、「萌え文化」が認められるようになって長年が経過。今でも漫画やアニメの業界では、国産の優れた作品が次々と生まれており、世界中でヒットを飛ばしています。しかしなぜそんな萌え大国でありながら、『原神』を生み出せなかったのでしょうか。


「原神」は当初、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』など既存タイトルからの“パクリ”が指摘され、パッチワークのようなゲームなどと批判されていました。


しかしスマートフォンで遊べるゲームとして、他の追随を許さないクオリティーを誇っていたため、瞬く間に大ヒット。その後も数々の追加コンテンツを実装し、ゲームとしての独自性を磨いていったことで、ほとんど汚名を払拭しつつあります。


そんな「原神」が流行った理由としては、オープンワールド型RPGとして洗練されたゲームデザインや、サブスク型の課金サービスといった流行のマネタイズの導入、クロスプラットフォームプレイの対応などが挙げられがち。ただ、結局のところ一番大きな理由は、“キャラが魅力的だった”ことに尽きるでしょう。


いわゆる「セルルック」などと呼ばれるアニメ調の3DCGでデザインされたキャラクターを操作し、綺麗で広大なマップを歩き回れる──。これこそが、「原神」の最たる魅力。しかし、もともとセルルックのかわいいキャラクターは、日本の得意分野だったはず。


結論から言うと、日本で「原神」が生まれなかったのは、萌えを好むオタクたちを業界が“ナメていた”結果だと思われます。セルルック3DCGの技術を応用して、ソシャゲでも面白いゲームを作れば、日本でも「原神」に勝るとも劣らないゲームが作られそうなものです。


しかし実際に国内で作られているのは、キャラクターがかわいいだけで、ゲーム性が低いソシャゲばかり。“イラストの力”さえあれば、オタクは課金するという想定のもと、キャラクター商売に精を出しています。


CS向けタイトルが進歩を続ける中、いつまでも停滞気味で、ゲーム性を開拓しようとしないソシャゲ業界。『ウマ娘 プリティーダービー』でようやく一歩進んだ感はありますが、それでもまだまだ「ソシャゲにしては面白い」の域は出ません。


日本のお家芸である“萌え”を活かした、面白いタイトルが開発されることを祈るばかりです。


続いては、コーエーテクモゲームスの新作タイトル『ライザのアトリエ3 ~終わりの錬金術士と秘密の鍵~』にまつわる話題です。


『ライザのアトリエ3』の注目ポイントは…


『ライザのアトリエ3』は、今年25周年を迎えた『アトリエ』シリーズの最新作として2023年2月22日に発売されることが決定。2019年発売の大ヒット作『ライザのアトリエ ~常闇の女王と秘密の隠れ家~』から始まるタイトルの第三弾でもあります。


「ライザのアトリエ」は錬金術をテーマとしたユニークなゲーム性もさることながら、ライザをはじめとした女性キャラクターの肉感的なボディでお馴染み。とくにそのたくましい太ももに定評があり、最新作となる「ライザのアトリエ3」でもPVやキービジュアルにてまぶしい肌色を見せ付けていました。


もはやどこを見回しても太ももの話題ばかりですが、真面目なゲームファンの間では、脚本回りの事情を気にする人も。実は今作では、シナリオライターが前作『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』から変更されているのです。


初代「ライザのアトリエ」は、2000年代に大ブームを巻き起こした『灼眼のシャナ』の作者でもある高橋弥七郎がシナリオを担当。同作はシナリオがイマイチだと言われがちな「アトリエ」シリーズでは珍しく、優れたストーリーとして一部で絶賛されていました。


ところが「ライザのアトリエ2」ではシナリオライターが変わり、《シナリオがちょっと残念》と散々な言われようでした。


そんな中、今回発表された「ライザのアトリエ3」では、ふたたび高橋がシナリオに起用されることが決定。太ももだけでなくストーリーにも期待するファンからは、喜びの声が相次いでいました。


今作では太ももだけでなく、シナリオの厚みにも期待できるかもしれません。


果たして、来週話題になるゲームは、どの作品なのでしょうか。


【画像】


master1305 / PIXTA


『チェンソーマン』“生活保護”殺害で大荒れ! 藤本タツキの倫理観は幼稚なのか
『にじさんじ』月ノ美兎の引退をファンたちが杞憂! 本人の口から語られたのは…
『ONE PIECE』ベガパンクはウタのクローン!?『FILM RED』から設定逆輸入か

関連記事(外部サイト)