サロメ嬢を意識!?『ONE PIECE』女性キャラに新時代到来「世はまさに大性癖時代」

サロメ嬢を意識!?『ONE PIECE』女性キャラに新時代到来「世はまさに大性癖時代」


『ONE PIECE』103巻(尾田栄一郎/集英社)



かつてはオタク受けしない作品の代名詞だったが、いまや萌え要素で溢れかえっている漫画『ONE PIECE』。「ワノ国編」以降、その傾向はさらに加速しており、9月26日発売の『週刊少年ジャンプ』43号に掲載された最新話は“美少女祭り”が巻き起こっていた。


【関連】『ONE PIECE』ベガパンクはウタのクローン!?『FILM RED』から設定逆輸入かほか

※『ワンピース』最新話の内容に触れています


第1061話『未来島エッグヘッド』では、以前から名前のみ登場していたDr.ベガパンクの姿がついに初登場。いわゆる“片目隠れ”属性のキュートな女性キャラとなっており、読者を驚かせた。


これまで散々「男性」として表現されてきた人物なので、女性の姿はおそらくかりそめのもの。サイボーグや遠隔操作のロボットとも推測されており、ベガパンク本人は“バ美肉おじさん”と呼ばれ始めている。


「バ美肉」とはVTuberブームの中で人気を博した属性であり、最近のオタク界隈に寄り添った表現と言えるだろう。しかし最新話における萌え要素はこれだけではなく、他にも2人の女性キャラクターが初登場していた。


まず「海軍本部」G-14基地長として登場したドール中将は、パンクファッションに身を包んだ女性。トゲ付きのチョーカーも特徴的でスタイリッシュなイメージだが、後ろ姿から察するに、ダイナマイト級のボディを持っていそうだ。


もう1人の新キャラは、海軍の機密特殊部隊「SWORD」所属の中佐・ひばり。黒ひげに誘拐されたコビーを救うため、上司である少将プリンス・グルスに頭を下げていた。


何よりあざといのは、「〇〇ですけーのー」「〇〇してつかーさいや」と広島弁を話す方言女子であること。同じく広島弁を使う海軍元帥・赤犬の血縁者という説も上がっているが、外見はまったく似ておらず、むしろ今風の見た目をしている。なぜかへそ出しファッションであるところもポイントが高い。


「なぜか興奮しない漫画」の汚名返上


バ美肉おじさんにパンク系女子、方言女子と、“濃い”女性キャラが続々登場。ネット上では、《尾田くんの「オタクが好きそうな女キャラ」を描くスキルの上達ぶりは恐るべきものがある》《尾田くん、見直したぞ》《最近の尾田栄一郎、全盛期すぎる》《世はまさに大性癖時代なんだよな》と大絶賛されている。


以前まで、「ONE PIECE」の女性キャラは露出が多く、スタイルが最高であるにもかかわらず、「なぜか萌えない」と言われていた。いずれのキャラも似たり寄ったりの古き良き“セクシー女性”を表現していたため、イマイチ読者の性癖に刺さらなかったのだろう。


しかし作者・尾田栄一郎のスキルは年々上昇しており、オタク好みの属性を次々盛り込んでいる段階。最近登場したハンコック型のセラフィムは、知る人ぞ知る「しいたけ目」の表現を取り入れている。この属性は『とある魔術の禁書目録』の食蜂操祈などでブームを巻き起こし、最近では『にじさんじ』VTuber・壱百満天原サロメにも通じる要素だ。


今の「ONE PIECE」は、いろいろな意味で“新時代”に突入しているのかもしれない。


文=Tら

写真=まいじつエンタ


『チェンソーマン』“生活保護”殺害で大荒れ! 藤本タツキの倫理観は幼稚なのか
『にじさんじ』月ノ美兎の引退をファンたちが杞憂! 本人の口から語られたのは…
『ONE PIECE』ベガパンクはウタのクローン!?『FILM RED』から設定逆輸入か

関連記事(外部サイト)