“ガンダムおじさん”が足枷!? 加藤純一も予想した『ガンエボ』の怪しい雲行き

“ガンダムおじさん”が足枷!? 加藤純一も予想した『ガンエボ』の怪しい雲行き


“ガンダムおじさん”が足枷!? 加藤純一も予想した『ガンエボ』の怪しい雲行き (C)PIXTA



FPSゲームの新作として大きな盛り上がりを見せている『GUNDAM EVOLUTION』(ガンダムエボリューション)だが、一部では不満の声がチラホラ上がっている。初動こそ好調だったものの、その勢いはあまり長く続かないのかもしれない。


【関連】『ガンエボ』親指エイムを隔離!『Apex』民から「FPSのあるべき姿」と絶賛の声ほか

FPSキッズvsガンダムおじさん


「ガンダムエボリューション」は9月22日にPC版がリリースされた、基本プレイ無料のオンラインゲーム。『機動戦士ガンダム』シリーズでお馴染みの機体を操り、6対6の白熱した戦いを楽しめる。


「ガンダム」ファンが食いつくのは当然として、リリース前後に人気ストリーマーがPRを盛んに行っていたこともあり、原作を知らないユーザーにも受け入れられている模様。比較的カジュアルに遊べるゲーム性も、人気を集めている理由なのだろう。


ところが、そうしたカジュアルなゲーム性こそが争いの火種に。「ガンダム」シリーズを追いかけてきた世代の人々は、FPSゲームに慣れておらず、操作に苦戦している模様。その一方で、FPSゲームを得意とする若いユーザーたちも同じ戦場に乗り込むことになる。


同作は、言ってしまえば、勝ち負けが味方の実力に依存しやすいチームバトルのゲーム。そのため“ガンダムおじさん”を味方に引いた若きFPSユーザーからは、《味方にガンダム好きなだけでFPS弱いおじさん来たらマジで勝てん》《FPS始めたてのガンダムおじさんばっかりでキレちゃう》といった不満が噴出しているのだ。


「ガンダムエボリューション」は流行らない?


他にも、登場機体のチョイスに違和感を覚える人は多い。「ガンダム」や「サザビー」といった有名どころはともかく、「ドムトルーパー」や「メタス」あたりは少々ニッチ。「マヒロー」に至っては、ガンダムファンの中でも知る人ぞ知る機体なのではないだろうか。


マニアが多い原作ファンに対する配慮なのかもしれないが、《普通に主人公機出しとけばいいのに》《選出理由はなんなんやろなぁ》《新規を引き込むならもうちょっとわかりやすい機体を入れたほうがよかったんじゃない?》と首を傾げる人も少なくはない。


ちなみに、人気ストリーマーの加藤純一は自身の配信上で同作をプレイしつつ、《全部のFPSで一番面白いけど絶対流行らない自信がある》と断言。その理由として《ガンダムだからだ》《おじさんしかやらない》などと推察し、お馴染みのキャラクターが実装されていないことも挙げていた。


10月5日には、よく似たゲーム性であり、シリーズとしても人気が高い『オーバーウォッチ2』がリリースされる予定。はたして「ガンエボ」は生き残れるのだろうか。


文=「まいじつエンタ」編集部


【画像】


Benzoix / PIXTA


『チェンソーマン』“生活保護”殺害で大荒れ! 藤本タツキの倫理観は幼稚なのか
『にじさんじ』月ノ美兎の引退をファンたちが杞憂! 本人の口から語られたのは…
『ONE PIECE』ベガパンクはウタのクローン!?『FILM RED』から設定逆輸入か

関連記事(外部サイト)