愛媛県で“タルト”といえば…? ヒコロヒーが明かした地元トークに驚き

ヒコロヒー 

ヒコロヒー 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


ブレーク中のピン芸人・ヒコロヒーが、10月2日放送の『ドーナツトーク』(TBS系)に出演。地元の風習を語った。


この日の番組ゲストは、滋賀県出身のアーティスト・西川貴教。ヒコロヒーは愛媛県出身で、共に田舎育ちのため、「地元では普通だと思っていたけど全国では通じない風習」を語っていった。


【関連】『有吉の壁』あいなぷぅが“大人のビデオ”ネタで…「放送出来るギリギリ」 ほか

ヒコロヒーは、県外で生活するようになって気づいたという「地元だけの常識」について、「『タルト』っていうと、みなさん、下がパイ生地で固くて、ちょっと生クリームあって果物あってみたいなのを想像されると思うんですけど…」と語り出す。


続けて、「四国でいうところの『タルト』ってロールケーキみたいな」「あんこが巻かれているのがタルトっていうものなんです」と、驚きの風習を明かしたのだ。


“離れ小島”ゆえに世間とかけ離れた…?


ここで実際の写真が表示されたのだが、共演者からは「ロールケーキやん!」とのツッコミが。〝四国でいうタルト〟に対して、納得いかない様子だ。


しかし、ヒコロヒーは「愛媛の人間はみんな意地になって、これをずっとタルトって」「信じ込んで生きてきたので」と反論。〝全国でいうタルト〟を初めて見た時、「何がタルトなん?」と思ったことを明かし、「今テレビ観てる四国の子とか『え? 言わへんの?』ってなってる子どもとかいると思う」と主張したのだった。


「四国が本州と陸続きになったのは、瀬戸大橋が開通した1988年のこと。それまでは船でしか本州の文化が入って来なかったのですから、世間の常識から離れているのも無理はありません。2018年、当時の片山さつき地方創生担当大臣が、四国のことを『あそこは離れ小島だから』と発言して野党から批判を浴びました」(地域文化研究家)


これは田舎のあるあるなのだろうか。


松任谷由実『タモリ倶楽部』初出演にガッカリ…「つまんない」「宣伝と忖度」
ハラミちゃん最新アルバム爆死!「世間が興味を失ってる」の声も…
山里亮太が無礼な後輩と絶縁宣言!「オレのことめっちゃ無視してる」

関連記事(外部サイト)