永野芽郁“清純派”から脱却!? タバコを吸う姿に「鳥肌もの」「最高でした」

永野芽郁、主演映画で清楚なイメージ一変 タバコを吸う姿に「鳥肌もの」と絶賛の声

記事まとめ

  • 永野芽郁の主演映画『マイ・ブロークン・マリコ』が9月30日に公開された
  • タバコをふかすシーンなど、永野はこれまでのイメージとはかけ離れた役柄を演じた
  • 「最高でした」「鳥肌ものだった」と絶賛の声が相次いでいる

永野芽郁“清純派”から脱却!? タバコを吸う姿に「鳥肌もの」「最高でした」

永野芽郁 

永野芽郁 画/彩賀ゆう (C)まいじつ


9月30日、永野芽郁の主演映画『マイ・ブロークン・マリコ』が公開された。清楚なイメージとは真逆の役を演じ切り、絶賛の声が相次いでいる。


同作の主人公は、永野演じるOLのシイノトモヨ。ニュースで親友が亡くなったことを知ったシイノは、父親から虐待を受けていた親友の遺骨を強奪し、旅に出るのだった――。


【関連】金ロー『竜とそばかすの姫』視聴率が大爆死…「興行収入は一番なのに」 ほか

「永野が演じたシイノは、ワイルドで男気のある活発な女性。本編では、遺骨を奪うために親友の実家に乗り込んで、父親とその再婚相手に包丁を向けるシーンや、牛丼をかきこむシーン、タバコをふかすシーンなどが描かれています。今までの永野のイメージとはかけ離れた役柄に、最初は『この世界観を壊すとしたら自分だけだ』と、とにかく不安になっていたそう。それでもタナダユキ監督の後押しもあり、なんとか演じ切ることができたと語っています。役作りの一環として、シイノが履くドクターマーチンの靴を11カ月かけて履きつぶしたり、ニコチンが入っていないタバコを使用して喫煙者になったりと、シイノになりきる生活を送っていたようです」(芸能ライター)




永野芽郁が清純派イメージから脱却?


永野の役作りが功を奏したのか、映画が公開されてからの評判は上々。劇場に足を運んだ人からは、


《クソ親父に包丁を向ける時の永野芽郁ちゃん、純度100%の怒りを体現してて鳥肌ものだった…! 気だるげにタバコを吸う仕草も、レモン酎ハイをガバガバ飲む姿も、原作そのもの! 今まで見たことがない芽郁ちゃんが見れました!》

《さびれた中華料理店で一人で飯を食らい、タバコをふかし、友人のことをダチと呼ぶ永野芽郁。どこを切り取っても最高のシイノでした!》

《『ガルシアの首』や『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』みたいに、物言わぬ相手に語りかけながら旅に出るシイノ。普段の永野芽郁さんからは想像ができないくらいやさぐれた女性で、これまでのイメージを一変させてくれた》

《大股を開いてタバコを吸う永野芽郁やハイボールや生を飲みながらブチギレる永野芽郁が見たい方にはおすすめです!》


などと絶賛されている。


「『マイ・ブロークン・マリコ』で永野は新たな一面を発掘し、清純派イメージを脱却できたようですね。しかし興行収入は振るっておらず、9月26日から10月2日分を集計した『国内映画ランキング』(興行通信社調べ)では、10位にも入っていません。同日に公開された『アイ・アム まきもと』や『〝それ〟がいる森』と大きな差がついてしまっている状況です」(同・ライター)


ただ「マイ・ブロークン・マリコ」の原作は、漫画の単行本1冊。85分に収められている映画なので、もしかするとストリーミング解禁を待っている人が多いのかもしれない。


松任谷由実『タモリ倶楽部』初出演にガッカリ…「つまんない」「宣伝と忖度」
ハラミちゃん最新アルバム爆死!「世間が興味を失ってる」の声も…
山里亮太が無礼な後輩と絶縁宣言!「オレのことめっちゃ無視してる」

関連記事(外部サイト)