『Qさま!!』がアニオタ仕様に…出演者もナレーションも声優だらけの違和感

(C)Dean Drobot / Shutterstock


オタクにしか認知されていない割に、やたらとバラエティー番組へ出演する声優たち。昨今増えてきたこの光景が、またも垣間見えたようだ。


11月7日、『Qさま!!』(テレビ朝日系)に声優の関智一がクイズ解答者として出演。昨今のバラエティーに多い、声優が平然とタレントヅラする光景が繰り広げられたのだ。


【関連】堀内健の“声優イジリ”に怒りの声「クソ寒い」「見ててしんどい」 ほか

しかし、この日はこれだけにとどまらず、応援として声優の榎木淳弥もナレーション出演。さまざまな映像に対してナレーションを入れ、声優の声優による声優オタクのための内輪向け番組と化していた。


これに声優オタクは、


《爽やかな淳弥くんの声がとても素敵です!!》

《榎木くんお疲れ様です! 声聞けるの嬉しいです》

《最高でした有難うえのき》

《今回は関さんもご出演されているのでナレーションが榎木さんなのとても嬉しいです》


などと大興奮で実況。SNSでアニメアイコンが沸いていた。


声優が侵食するバラエティー番組


しかし、これに喜んだのはオタクのみだったようだ。しっかりとクイズやバラエティーを楽しみたい視聴者にとっては、残念なことこの上なかったという。


「声優はオーバーなアニメ演技が染み付いていますから、キンキン声にやたらと抑揚をつけた読み方で、聞いている方が疲れる喋り方をします。アニメはそれでもいいかもしれませんが、文章や映像といった情報を、あくまで〝補足〟する役割のナレーションでは、こうした読み方は邪魔になる。彼らを安易にバラエティーに起用すると、そこだけ飛び出た杭のように悪目立ちしてしまうのです」(声優養成所関係者)


実際に、こうした批判はプロのナレーターから公然と上がったことがある。


「『水曜日のダウンタウン』『ジョブチューン!』(どちらもTBS系)、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)などで活躍し、誰もがその声に聞き覚えのあるナレーター・服部潤は、昨年9月16日、自身のツイッターに《有名声優かしらないけど、番組ナレーターに使うのはもう止めにしないか?》と投稿。《内容が全く入って来ないし、番組として成り立ってない 声優はキャラクターを通しての表現はピカイチだけど、ナレーションとしての表現は全く出来ていない》など、声優人気にかまけ、安易にバラエティーのナレーションに起用される現状を業界人として批判したのです」(芸能ライター)


「タレントは声優の仕事をするな」「プロに任せろ」といった思考停止で紋切り型の批判は、アニメ・声優オタクの常套手段。ならば、ナレーションはプロのナレーターに任せ、声優はアニメに専念しておくべきだとも思われるが…。


キンプリ平野と熱愛疑惑…匂わせ女優がジャニーズと共演「OKなんだ」

SixTONES新曲40万枚割れ…Snow Manや後輩グループに完全敗北

『櫻坂46』やはり大ピンチ? 東京ドーム公演に「席潰しすぎ」「スカスカ」

関連記事(外部サイト)