King GnuのカタールW杯テーマソングに辛辣な評価 「聞く度萎える」「微妙すぎん?」

記事まとめ

  • NHKはカタールW杯のテーマソングに『King Gnu』の新曲『Stardom』を起用した
  • ネット上では「聞く度に萎える」「微妙すぎん?」と厳しい評価が下されている
  • 2018年のロシアW杯では『Suchmos』の楽曲が起用され、これも「微妙」と評価された

King GnuのW杯テーマソングが微妙? 4年前の“倍野菜の悲劇”再び…

(C)Ned Snowman / Shutterstock


11月20日、中東初のW杯『2022FIFAワールドカップカタール大会』がついに開幕。日本のテレビ局でも中継され、各局のテーマソングにも大きな注目が集まっている。


しかし、NHKが選んだ楽曲に対しては、不評が殺到しているようだ。


【関連】『紅白』出場歌手の“後ろ盾”に注目集まる「芸能事務所対抗合戦じゃねーか!」 ほか

ロックバンド『King Gnu』は17日、新曲『Stardom』を先行配信。同曲はNHKのW杯テーマソングに起用され、11月30日にはCDリリースが予定されている。


「Stardom」のイントロは、サンバを彷彿とさせるような曲調で、Aメロでは「夢で誤魔化した笑顔の裏で 何度泪を流した?」などとサッカー選手の悔しさを表現。


さらにサビもサッカーとリンクするような歌詞となっており、重低音を効かせながらも疾走感のあるサウンドは、まるでフィールドを縦横無尽に駆け巡る選手たちを表現しているかのようだ。




NHKサッカーソングは二連続で失敗?


しかしネット上での評判は芳しくない。どうやらサッカーと楽曲のテイストが合わなかったようで、「King Gnu」ファンからも


《「Stardom」がくっそ微妙なのが気になるところ》

《King GnuのW杯テーマソング微妙すぎん?》

《King GnuのW杯のテーマ曲ダサい。聞く度に萎える》

《NHKのW杯テーマソングはKing Gnuなんだけど盛り上がりに欠ける》

《NHKのW杯番組のテーマ曲がまたしてもクソだ…。King Gnu? だっさ》

《ごめんなさい、W杯のテーマ曲がダサく感じるんですけど気のせい? すごくありふれたメロディ》


など、厳しい評価が下されている。


「NHKのサッカーテーマソングは、過去にも酷評を受けたことがあります。2018年開催のロシアW杯のテーマソングにはロックバンド『Suchmos』の楽曲『VOLT-AGE』が起用されたのですが、ネット上では《盛り上がらない》《微妙》など悲しい評価でした。しかし、サビの『by your side』という歌詞が〝倍野菜〟や〝温野菜〟に聞こえるとして、空耳がネットミームに。バンド活動休止後の今も、悪い意味でネタにされ続けています」(ネットニュース編集者)


ちなみにABEMA・テレビ朝日のサッカー公式テーマソングに起用された、LiSAの新曲『一斉ノ喝采』は比較的好評を博している。


「King Gnu」は尖ったアーティストなので、公共放送・大衆向けの楽曲を作るのは難しかったのかもしれない。


『舞いあがれ!』関西の視聴者ブチギレ! 無礼なノリに「言うたらアカンやつ」

広瀬香美の顔に異変?『テレ東音楽祭』出演に「びっくり」「前衛的すぎて…」

米津玄師“過去最大級”の顔面露出!? 前髪をかき分けた姿に「しんどい…」

関連記事(外部サイト)