米津玄師が紅白にブチギレ? 不出場が続く理由…今週の芸能ニュースTOP10

米津玄師 

米津玄師 画/彩賀ゆう (C)まいじつ


いろんな事件が相次いだ今週の芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』で、今週もっとも話題となった芸能記事をご紹介します(11/24配信まで、独自ポイントで集計)。


1位 米津玄師『紅白歌合戦』にブチギレ中? ヒット連発も不出場が続く理由とは… 229pt.


米津玄師『紅白歌合戦』にブチギレ中? ヒット連発も不出場が続く理由とは…



2位 日向坂46のエース小坂菜緒より格上? 乃木坂46の意外な中堅メンバーが人気 134pt.


日向坂46のエース小坂菜緒より格上? 乃木坂46の意外な中堅メンバーが人気



3位 櫻坂46メンバーに特大ブーメラン!『紅白』落選で過去の発言に冷笑 112pt.


櫻坂46メンバーに特大ブーメラン!『紅白』落選で過去の発言に冷笑



4位 『スッキリ』終了の陰で…コメンテーター・みちょぱ“不要論”が密かに浸透 99pt.


『スッキリ』終了の陰で…コメンテーター・みちょぱ“不要論”が密かに浸透



5位 『スッキリ』喧嘩別れで打ち切り? 山里亮太がスタッフから無視された理由 78pt.


『スッキリ』喧嘩別れで打ち切り? 山里亮太がスタッフから無視された理由



6位 『鉄腕DASH』打ち切り!? キンプリ・岸優太の脱退騒動で決断か… 76pt.


『鉄腕DASH』打ち切り!? キンプリ・岸優太の脱退騒動で決断か…



7位 『スプラトゥーン』新CMにゲーマーブチギレ!「リア充すぎ」「煽ってるの?」 75pt.


『スプラトゥーン』新CMにゲーマーブチギレ!「リア充すぎ」「煽ってるの?」



8位 『乃木坂46』4期生大量離脱の可能性? 齋藤飛鳥の卒業で進む世代交代 68pt.


『乃木坂46』4期生大量離脱の可能性? 齋藤飛鳥の卒業で進む世代交代



9位 3時のヒロイン出演CMで闇が露呈? お笑い界にも続出する休養者… 65pt.


3時のヒロイン出演CMで闇が露呈? お笑い界にも続出する休養者…



10位 佐々木希が“渡部を許した”決定的なワケ…離婚を選んだ杏との大きな違いは? 64pt.


佐々木希が“渡部を許した”決定的なワケ…離婚を選んだ杏との大きな違いは?



『乃木坂46』の意外な中堅メンバーが人気!?


今週もっとも注目を集めたのは、大みそか恒例『NHK紅白歌合戦』にまつわる話題でした。


11月16日に今年の大みそかに放送される「紅白」出場者が発表されたのですが、今年もヒット曲を連発した米津玄師の名前はありませんでした。


米津は2018年の第69回に初出場し、徳島県のスタジオから生中継で歌唱。会場のNHKホールとも中継を結び、司会を務める『ウッチャンナンチャン』内村光良とやりとりも交わしました。


「当時の米津はメディアに出ず、MVでも顔を隠し、神聖さを売りに活動していたため、内村は『米津くんが喋った!』とその意外性に驚きました。しかし、米津はこの小馬鹿にしたようなイジリに、後の雑誌インタビューで『いや、喋るだろうがっていう笑。珍獣のような扱いを受けてるのが本当に嫌なんですよ』と不快感を露わにしています」(音楽ジャーナリスト)


以降、米津は「紅白」に出場せず。『シン・ウルトラマン』『チェンソーマン』といったヒット作のタイアップがあった今年も出場しないため、「米津くんが喋った事件」のミゾは決定的なものと見られることに。


「今年の司会は3年連続で大泉洋。彼は芸風的に、内村よりさらに茶々を入れる、くだけた司会が予想されます。そうなれば、米津がまたイジられる可能性は高く、『因縁のあった内村じゃないなら出ても良い』とはならない。プライドの高さからして、絶対に許容できないでしょう」(前出・ジャーナリスト)


NHK幹部と内村が揃って謝罪に出向かない限り、米津の紅白出場は二度とないかもしれません。


続いては、アイドルグループ『乃木坂46』と『日向坂46』にまつわる話題です。


12月1日発売の雑誌『Seventeen』冬号は、「乃木坂46」の久保史緒里と「日向坂46」の小坂菜緒が表紙。小坂は言わずと知れた「日向坂46」のエースですが、意外にも世間の注目度は久保の方が高いようです。


「久保といえば、毎回選抜メンバーには選ばれるものの、いつも2列目3列目を行き来している典型的な中堅ポジション。対して『日向坂46』の小坂は、何度もセンターを飾っている、グループの絶対的エースです。そのため小坂の方が注目度が高いように思われましたが、『乃木坂46』と『日向坂46』では知名度に大きな差があったようです」(芸能ライター)


2人の〝格の違い〟が明らかになったのは、「Seventeen」公式YouTubeチャンネルの再生数だといいます。


人気の動画を見ると、久保の動画の再生回数は約47万回。一方で小坂が最も再生回数を稼いでいる動画は約33万回で、久保とは10万再生以上の差がついています。


「『Seventeen』は2021年10月号をもって月刊発行が終了したのですが、その際、最後の表紙を飾ったのは久保でした。アイドルファン界隈では小坂も圧倒的な人気を誇っていますが、ファンの男女比で考えると、やはり久保の方が女性人気は高い印象。そのため一般知名度は、小坂より久保の方が上なのかもしれませんね」(同・ライター)


ちなみに「Seventeen」はここ数年、積極的に〝坂道グループ〟を表紙や企画などに採用中。小坂が久保を超える日は来るのでしょうか…。


果たして、来週はどんなことが話題になるのでしょうか。


キンプリ岸“来年秋で退所”の理由が判明!? ほか2人と退所時期が違うワケ

『ドクターX』続編に暗雲…米倉涼子“ヤル気なし”で事実上の打ち切りか

14歳・寺田心が思春期に? 好きな漫画を告白「一気に親近感が湧いた」

関連記事(外部サイト)