『ファーストペンギン!』最終回が胸クソ…まさかのバッドエンド「ええんか?」

奈緒 

奈緒 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 


12月7日、女優の奈緒の主演ドラマ『ファーストペンギン!』(日本テレビ系)の最終回・第10話が放送された。


大団円な終わり方ではあったものの、多くの視聴者はモヤモヤを抱えた様子。「納得いかない」「微妙に胸糞悪い」などクレームが寄せられている。


【関連】本田翼『君の花になる』爆死でスタッフと衝突!? 現場の空気がピリピリ ほか

同作は、シングルマザーの岩崎和佳(奈緒)が、寂れた港町・汐ヶ崎に移り住み、漁師の片岡洋(堤真一)と出会って漁業の世界の改革に乗り出す物語。


数多くのメディアでも取り上げられた、坪内知佳氏の実話をもとに描く、リアルサクセスストーリーだ。


第10話では、和佳が浜全体を外国資本に売り渡してしまったことが発覚。なんとか取り戻すことができたが、それは汐ヶ崎を地盤に持つ元議員・辰海一郎太(泉谷しげる)のおかげだった。


辰海はこれまで何度も和佳を邪魔してきたが、浜を守るために動いたのだ。


しかし辰海の目的が、和佳のやろうとする漁業の世界の改革を止めることに変わりはない。そこで和佳は、自分が漁港から身を引くことで、辰海が片岡らの邪魔をしないよう約束させる。


こうして和佳は片岡たちの前から姿を消したのだが、数年後にはなんと、林業の改革に乗り出していたのだった!


「ハッピーエンドだけどモヤる最終回」


「最終回では主に2つのモヤモヤポイントがありました。1つは、和佳が漁港から追い出されてしまったこと。そしてもう1つは、若手漁師・永沢一希(鈴木伸之)が、浮気して男の子を身籠った彼女とヨリを戻して結婚したこと。ハッピーエンド風でしたが、登場人物に思い入れがある人ほど、納得のいかないラストだったことでしょう」(芸能記者)


幸せをぶち壊すような最後はネット上でも物議を醸し、


《なんだかハッピーエンドだけどモヤる最終回だったな》

《胸クソエピ満載で最後はスッキリするかと思ったら、中々シビアな終わりだった。永沢くん…本当にそいつでええんか…?》

《政治家の要求を呑まざる得なかったこと、そしてその政治家の悪事が表に出なかったことに少しモヤモヤした》

《いいドラマだったけど最後は和佳に戻ってきてほしかったと思ってしまう》

《ひたすら永沢君が可哀相》

《ながさわくんがあの女とより戻したのとか、最終回なのにまた主人公が怒鳴り散らしたのとか微妙だった…》

《ストレス溜まる展開多い割にカタルシスあんまなかった》


といった声があがっている。


続編がありそうな終わりだっただけに、その伏線だと思いたいが…。


剛力彩芽が“別人級”に変わり果てる…「びっくり」「女芸人みたい」

キンプリ平野紫耀が事務所移籍!? “海外志向”で挙がったのはBTS所属の…

『水ダウ』つまらなすぎて炎上! 松本人志も苦笑い…「怒りが顔に出てる」

関連記事(外部サイト)