『SMAP』時代より稼いでいることが分かった『新しい地図』の3人

『SMAP』時代より稼いでいることが分かった『新しい地図』の3人

『SMAP』時代より稼いでいることが分かった『新しい地図』の3人の画像

『SMAP』解散後、『新しい地図』として活動する稲垣吾郎、草g剛、香取慎吾の3人が現在、初のファンミーティングを行っている。去る2月16日から3日間の東京公演を皮切りに愛知、大阪、宮城、福岡の5都市で全22回開催される。



このファンサービスイベントでは、楽曲の歌唱、トークコーナーの他、観客参加型のゲームやSNS投稿用の写真を撮影できる1分間のコーナーも設けられたという。


「東京公演は3日間で5公演。1公演8000人でチケット代は7020円(税込)。東京だけで単純に2億8000万円。全公演だとチケットだけで約9億円となる。まあ、ライブのチケット代はほとんどが設備費や人件費で消えるといいますが、グッズの売り上げもあるので、3人のギャラはそれぞれ億近い額になるはずです」(芸能ライター)


ちょっと本気を出せばすぐに億単位を稼げるのはさすがだが、『SMAP』時代と比べるとテレビ番組で彼らの姿を見る機会は減った。稲垣のTBS系『ゴロウ・デラックス』が今春終了で、残る地上波番組は草gがナレーションを務めるNHK『ブラタモリ』だけだ。


?


テレビから消えても大儲け

一方、CMは好調で、現在、稲垣は『サントリー』『ロト』など5本、草gは『メルカリ』『スカルプD』など7本、香取は『ファミリーマート』『アマゾン』など7本に出演。SMAP解散直前よりも増えている。


「番組の場合、テレビ局がジャニーズ事務所に忖度して使いづらいと思われますが、CMはスポンサーがOKなら問題がない。抜群の知名度に加え、応援したいというファンの思いが購買につながるので、企業からの出演オファーが多いようですね」(夕刊紙記者)


もはや3人は、ジャニーズ時代より稼いでいるかもしれない。


「ジャニーズ時代よりギャラを下げる戦略を取っているそうで、かつては1本5000万だったのが、今は3000万円と起用しやすくなっているようです。それでも、個人事務所であるため、事務所に取られる分がなく、個人の収入は減るどころか増えているのです」(同・記者)


テレビ番組なしでも荒稼ぎのようだ。


?


関連記事(外部サイト)