「陰の気が高い人には来客でも塩撒き」アンミカ驚異の風水術

韓国出身で大阪育ちというファッションモデル兼タレントのアンミカが、5月8日放送のバラエティー番組『ちょっとザワつくイメージ調査 もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)にゲストで出演し、“風水”だらけの自宅を大公開した。


番組では、エンパイアエンターテイメントジャパンの代表取締役社長である、夫のセオドール・ミラー氏から「(妻は)風水にはまり過ぎて、運気の悪い人に塩をかける」という話を元に、真相を確かめるために自宅を訪れた。そして、アンミカ流の“美しく幸せになれる風水術”が、いくつか紹介されていた。


その自宅では、風水で運のよくなるものとして、ダイヤモンドの婚約指輪が出てきた。この指輪は特注で、石が乗っている台座のツメは通常4本か6本なのだが、縁起のいい8本にしているとのこと。風水では家を守るために一番重要な玄関には、アンミカが世界中から集めた23点の風水グッズが置かれていた。


玄関に犬の写真が置いてあり、“DOG”を逆さに読むと“GOD”になることから、神様の使いであると説明。その他にも龍神様、鳳凰に乗った子供、ひょうたんなど縁起がいいとされるグッズが置いてあった。これらは、ほこりを溜めると運気が悪くなるので、常に綺麗にしているという。さらには2匹のカエルの像を“夫婦ガエル”と説明。「このカエルが来てから結婚が決まったんですね。いろんなお友達が触って、いろんな人がハッピーになった」と力説した。


玄関の説明中に、アンミカの右のイヤリングが床に落ちると「やだ! 縁起でもない」と言い、スタッフを「陰の気が高い」と玄関から外に追い出して、塩を振りかけた。そして、家に来た人には玄関で「しんどそうやなと思ったら、『どうぞー、お上がりください』と言いながら、シャッと後ろから(塩を)かける」と話し、夫からもたらされた情報の真相はあっさりと明らかになっていた。


振りかけた塩は、“神が住む島”と言われる沖縄県久高島産の塩だそうで、「魔除けの効果が抜群、疲れているときとか邪気をもらって来たときに、お風呂にこの塩を入れて頭まで浸かると泡と共に邪気が湧き上がる」という。


?


ベッドに「ぬいぐるみ」を置くのはNG

ダイニングテーブルの上には、赤と白のダリアの切り花が飾られており、運気が上がるだけでなく恋愛に抜群の効果があるそうだ。そのダイニングでは、コザクラインコがペットとして飼われていて、こちらは夫婦愛の象徴なのだという。


リビングは、ブルーと白のツートーンでビーチハウスをテーマにしているそうで、リラックスできそうな大きな白のソファがL字型に置かれており、これにもアンミカ流の風水術が影響している。対面型のソファは、家の主と対立するためよくなく、L字に置くことで人とのコミュニケーションを和合する効果があるらしい。


また、寝室のテーマは、船の部屋で気が休まるように、ブルーと白を基調とした配色になっている。また、アンミカはベッドでのよくない習慣の例として、枕もとにぬいぐるみはだめと説明。ぬいぐるみは人の生気を吸い取るからだという。


そして、書斎は赤系配色の部屋で「旦那さんをいつも見られるように」配置されており、それが最高の風水だと、のろけながら説明。アンミカは「旦那さんとの結婚が一番の風水の成果かな」と幸せいっぱいの様子だった。


?


[画像]


(C)HenryMeier / Shutterstock


[いっしょに読みたい]


※?乃木坂・山下美月「お尻に刺さるのが気持ちいい」驚愕の入浴習慣


※?さまぁ〜ず・大竹一樹が三村マサカズの「放尿悪癖」大暴露


※?細川たかしが近藤春菜から「カツラ疑惑」に言及され一触即発


「陰の気が高い人には来客でも塩撒き」アンミカ驚異の風水術はまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)