梅沢富美男「下ネタ連発」でも阿川佐和子の結婚を後押しした過去

梅沢富美男「下ネタ連発」でも阿川佐和子の結婚を後押しした過去

梅沢富美男「下ネタ連発」でも阿川佐和子の結婚を後押しした過去の画像

梅沢富美男が5月21日放送のバラエティー番組『アッコにおまかせ』(TBS系)に出演し、エッセイストの阿川佐和子が結婚したことを、毒舌を交えながらも祝福した。


同番組の準レギュラー出演者の梅沢は、元大学教授と結婚した阿川に、イベントで「あのババァもなかなかやるな!」と発言していた。このことに関して、出演者から「言い方が悪い」と非難を浴びた。


阿川の独占手記には、《これだけ高齢になるまで結婚しなかった理由の一つに、はじめて出会ったとき、相手に家族がいたことは無視できません。》とあり、不倫とみなされるのではないかと不安だったという。しかし、『バイキング』(フジテレビ系)でこの話題が報じられた際に、梅沢が「まあ、時空を超えた愛だな」と阿川に”援護射撃”したことで、阿川は《梅沢さんにはもはや足を向けて寝られません!》と記していた。


これに対して梅沢は「(手記で)褒められたため、照れ隠し(の発言)だった」と釈明した。司会の和田アキ子が「“時空を超えた愛”ってどういう意味?」と聞いたところ、梅沢は「時空を超えたというのは、宇宙を超えているぐらいのもので、ほっといてくれ」という意味だとあいまいに回答。共演者は首をかしげながらも話を続けた。


?


「コメンテーターはいつ辞めても構わない」

その後も梅沢は「夜の生活も気になる。阿川さんは初婚だし」と、昼間から下ネタを話題にし、話を変えようと、「ゴルフなどに行きたいが、足腰が大変」と言った和田に対しても、「そんなに足腰使うもんじゃないから大丈夫でしょう」と、再び夜の生活に結び付けたコメントをしていた。これにはカンニング竹山が「何でこのおやじを昼から呼ぶんだよ! ろくなこと言わねえんだから」とさじを投げられるほどの毒舌だった。


梅沢はかねてから「大衆演劇が本業なので、コメンテーターはいつ辞めても構わない」と公言しており、番組との専属契約も結んでいないという。覚悟があるからこそ、何にも臆さずコメントをする。自由奔放に本音をさらけだす貴重な存在と言えよう。


?


[いっしょに読みたい]


※?阿川佐和子が結婚で「60歳からの恋愛指南本」のオファーも


※?「正規客をバカにした」AKB運営会社の転売屋対策にファン激怒


※?HKT48宮脇咲良の人気急上昇に嫉妬した渡辺麻友の露骨な暴言


梅沢富美男「下ネタ連発」でも阿川佐和子の結婚を後押しした過去はまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)