藤原竜也主演の低視聴率ドラマ「リバース」が高評価の理由

藤原竜也主演の低視聴率ドラマ「リバース」が高評価の理由

藤原竜也主演の低視聴率ドラマ「リバース」が高評価の理由の画像

藤原竜也が主演している連続ドラマ『リバース』(TBS系)が、低視聴率にもかかわらず高い評価を得ている。


視聴率は初回と3話目に10%をかろうじて上回ったものの、2話目が6.3%、4話目が8.6%、5話目が9.0%とひと桁台に落ちこんでいる。しかし、なぜか視聴者から評価が高いのだ。


?


視聴率低迷でも見逃し配信は「高視聴率」

同ドラマは、湊かなえの同タイトルの小説が原作で、脚本は奥寺佐渡子が、プロデューサーは新井順子が務めている。このコンビは過去にも同局で『夜行観覧車』(2013年1〜3月期)や『Nのために』(2014年10〜12月期)を手がけているので、思い出す人も少なくないだろう。


ドラマ内では、藤原が冴えないサラリーマン役の深瀬和久を演じている。その深瀬の恋人である越智(戸田恵理香)のもとに、「深瀬は人殺し」という告発文が届く。深瀬は学生時代、スノーボードで親友の広沢(小池徹平)を亡くしていたが、10年前の記憶をほうふつとさせる出来事が次々と起き、広沢の死の“真相”が明かされていくというストーリーだ。


テレビウオッチャー社の首都圏の1都6県2400人を対象にした満足度調査で、次のようなデータがある。同ドラマは春ドラマの中で上位8位にランクインしており、『捜査一課長』、『小さな巨人』、『母になる』などの人気ドラマと満足度は僅差だ。また、TVerやTBSオンデマンドでも見逃し再生で人気が高く、ツイッターのつぶやき数でも毎週上位にランクインしている。


視聴者の反応も《エンディング曲の『distiny』がミステリー要素を加速させて面白い。視聴率が悪いのが不思議》、《原作を忘れてしまうぐらいドラマが最高》、《どこまで原作かわからなくなってきた、今クール一番気になるドラマ》などとおおむね高評価だ。


?


早急に求められるドラマ指標改革

『週刊フジテレビ批評』や『TVふうーん録』など、ドラマ評論でおなじみのライターの吉田潮も「藤原は笑かそうとしてるのに笑われてしまう新境地を開拓した。武田鉄也も『百夜行』と演じ分けているし、市原隼人や三浦貴大は意地悪筋肉の役がしっくりくる」などと絶賛している。


そのため、リバースに対してはSNS上で《面白いのになぜ視聴率が上がらないの?》という声が多数ある。この現象は近年のドラマに顕著な傾向だ。原因は50代以上の世帯の視聴率が45.2%と半数近くを占めていること。また、若年層や中年層は仕事が忙しいことやスマホの普及で視聴環境が変化し、リアルタイム視聴から見逃し配信視聴にシフトしていることもあるだろう。


今後も視聴率のみが評価の指標になってしまっていると、名作ドラマが埋もれてしまう可能性がある。ドラマの指標改革が今後さらに進むよう“リバース”するといいのだが。


?


[いっしょに読みたい]


※?元KAT-TUN・田中聖容疑者逮捕で震える「大麻芸能人」たち


※?細川たかしが近藤春菜から「カツラ疑惑」に言及され一触即発


※?木村拓哉がカンヌの失態でJKから無慈悲な「キムたたき」浴びる


藤原竜也主演の低視聴率ドラマ「リバース」が高評価の理由はまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)