観月ありさ主演ドラマ大不振で「連ドラ主演記録」終了へ

観月ありさ主演『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』が大爆死 原作ファンが不満

記事まとめ

  • 観月ありさ主演のドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』視聴率が5%を切った
  • 本来高校生の正太郎役は29歳のKis-My-Ft2藤ヶ谷太輔が務め、原作ファンから不満の声も
  • 観月の主演は、『突然ですが、明日結婚します』の西内まりやの出演が絡んでいるという

観月ありさ主演ドラマ大不振で「連ドラ主演記録」終了へ

観月ありさ主演ドラマ大不振で「連ドラ主演記録」終了へ

観月ありさ主演ドラマ大不振で「連ドラ主演記録」終了への画像

観月ありさが主演している連続ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)は、第6話の平均視聴率がわずか4.2%だった。


第1話の6.9%から徐々に下降線を辿り、ついには5%を切るという事態に、視聴者からは「40歳過ぎのおばさんが20代の役をやるとか、無理過ぎだろ!」などと、あらためて失望の声が広がっている。


原作は、小説投稿サイト『エブリスタ』で掲載されたウェブ小説で、『電子書籍大賞ミステリー部門』優秀賞を受賞している。その後には書籍化もされ、月刊漫画雑誌『ヤングエース』で漫画版も連載されている。


シリーズ累計部数100万部を突破した人気のミステリーだけに、放送前から期待が高まっていたが、ふたを開けてみれば低視聴率の“爆死”状態。フジテレビの制作がまたもや失態を演じる格好になった。


?


「大人の事情」が絡み合って観月が主演に

「このドラマは、観月ありさが26年連続30回目の連ドラ主演を達成する節目として制作されました。そもそも最初から“記録”ありきのドラマなのです。観月はスタイルこそいいですが、演技はお世辞にも上手いとは言えませんし、結婚後には『料理は作らない。掃除はダスキンを頼む』という発言をしているので、視聴者から共感を得られるような親近感もありません。知名度だけはあるので、スポンサー受けはいいのでしょうが、あまりにも視聴者受けを無視した配役だということを、フジテレビもそろそろ気が付くべきです」(芸能記者)


原作が人気作品の場合は、ファンの思い入れも強いため、テレビ局が勝手に設定を変えてしまうと反発が起こることもある。


「原作では20代の女性が高校生の少年を振り回すから楽しいし、そこが面白さの“キモ”なのです。四十路の観月に合わせたのか、本来高校生の正太郎役が29歳の『Kis-My-Ft2』藤ヶ谷太輔。こちらも最初からジャニーズありきの配役でしょう。こんなのだったら最初からドラマ化などしてほしくなかったです」(原作ファン)


同局で前クール“月9”枠だったドラマ『突然ですが、明日結婚します』は、出演者がクランクイン1カ月前に続々と降板するという緊急事態が発生した。その際に主役は急遽、観月と同じ芸能事務所の西内まりやに決まっていたのたが、このときの“借り”を返す形で、今回のドラマで観月の主演が決まったという。


大人の事情も分からなくはないが、視聴者は本当に面白いドラマが見たいだけだ。観月の連ドラ主演記録は、もう終了でいい。


?


[いっしょに読みたい]


※ タレントが芸能記者に「神対応」すると記事が優しくなる?


※?新婚の菊川怜に危惧される「米倉涼子化」


※ 小倉優子「お金好きです」と本音をこぼすも好感度は急上昇


観月ありさ主演ドラマ大不振で「連ドラ主演記録」終了へはまいじつで公開された投稿です。

関連記事(外部サイト)